大切な成人式の振り袖、結婚式で花嫁衣装にできる? | 家族挙式のウエディング知恵袋

大切な成人式の振り袖、結婚式で花嫁衣装にできる?



結婚式で花嫁が着る和装といえば、白無垢や色打掛が代表的ですが、なかには「成人式の振り袖を結婚式でも着たい」と考えている花嫁も多いのではないでしょうか? しかし、成人式の振り袖を結婚式に着ても良いのかわからないですよね。

そこで今回は、成人式で着た振り袖を結婚式の花嫁衣装として着ても良いのかどうか、解説をします。和婚をする予定という方はもちろん、人前式や披露宴で和装を着たいと考えているカップルも参考にしてくださいね。

 

成人式の振り袖、花嫁衣装にしてもOK?


和装の花嫁衣装というと、代表的なのが白色で統一された「白無垢」でしょう。このほかに、色鮮やかな「色打掛」や、裾にふき綿が入り、引きずるようにして着る「引き振り袖」などを身に付ける花嫁も多いです。では、成人式で着た振り袖は、花嫁衣装として適切なのでしょうか?

実は、成人式の振り袖を花嫁衣装として着ても問題ありません。実際に結婚式に成人式で着た振り袖を着る花嫁は多く、お色直しの花嫁衣装として選ばれています。

また振り袖は色打掛よりも軽いため、花嫁が動き回りやすいというメリットもあります。披露宴やパーティーでゲスト席に行く機会を多く設けたい場合など、動き回る予定が多い花嫁は、振り袖を選択すると良いかもしれませんね。

ただし、成人式の振り袖を着るということは、振り袖を会場に持ち込むことになります。この場合、持ち込み料が必要になることもあるので、事前に式場とよく話し合うようにしましょう。

 

花嫁衣装として成人式の振り袖を着るには? 振り袖の着こなし方4選


成人式の振り袖を花嫁衣装として着る方法は、一つではありません。成人式のときのように着付けるのはもちろん、ほかの方法でも着こなすことができます。そこでここからは、花嫁衣装として振り袖を着る際の“着こなし方”についてご紹介します。同じ振り袖でも、着こなし方によって大きく印象が変わりますよ。

 

【振り袖の着こなし方その1】花嫁小物をプラス!

成人式で着付けてもらったような着こなし方で、振り袖を着たいと思っている花嫁も多いでしょう。もちろん、そのまま着ても素敵ですが、色打掛や引き振り袖などと比べるとどうしても地味な印象になってしまいます。

そのため、成人式の振り袖を結婚式でそのまま着る場合は、華やかに見せるための工夫を取り入れるのがおすすめ。例えば、懐刀などの花嫁小物を取り入れたり、草履を花嫁衣装用のものに変えたりすることで華やかな印象になりますよ。さらに、大ぶりなヘアアクセサリーを付けたヘアスタイルにすることで、より一層花嫁らしい雰囲気が出るでしょう。

 

【振り袖の着こなし方その2】「色打掛」や「引き振り袖」にリメイク

成人式のときとはイメージを変えたいという花嫁は、振り袖を色打掛や引き振り袖にリメイクするのもおすすめです。リメイクするための費用や期間はかかりますが、成人式とは違った姿を両親や親族に見せることができます。

両親に内緒でリメイクすれば、感動的なサプライズにもなりますね。形を変えるのは抵抗がある花嫁は、花嫁衣装として着たあとに振り袖の形に戻せるサービスを行っているところにお願いすると良いでしょう。

 

【振り袖の着こなし方その3】掛下として振り袖を合わせる

ひと昔前は、色打掛の下に着る掛下は白色が定番でしたが、最近ではカラフルな色合いの掛下を合わせることも珍しくありません。そこでおすすめなのが、色打掛の掛下として振り袖を合わせる着こなし方。色鮮やかで個性的な着こなしをしたい花嫁にピッタリです。

また、白無垢の白打掛の下に成人式の振り袖を合わせるのも、近年話題になっている着こなし方です。色打掛や白無垢も着たいけど、成人式の振り袖も着たい、という花嫁は検討してみてはいかがでしょうか?

 

【振り袖の着こなし方その4】ドレスにリメイク

成人式で着た振り袖を、ドレスにリメイクして結婚式で着るという花嫁もいます。洋装でありながら和を感じさせる振り袖のドレスは、さまざまなスタイルの結婚式で活躍してくれるでしょう。

また、最近では振り袖をリメイクせずに、着付けの技術だけでドレスのように着られるというサービスを行うところも。代々受け継がれてきた振り袖を着たい場合など、リメイクに抵抗がある花嫁にもおすすめです。

 

結婚式に成人式の振り袖を着て、幸せなひとときを!


未婚女性の第一礼装である振り袖は、独身だからこそ身に付けられる和装です。そのため、独身最後の記念として、結婚式に振り袖を着る花嫁も少なくありません。とくに成人式の思い出が詰まった振り袖を結婚式で身に付けるのは、感慨深いものがありますよね。

また今回は、結婚式での振り袖の着こなし方にも注目し、4つの着こなし方をご紹介しました。振り袖は厄を払うという意味もあり、結婚式に身に付けるのにピッタリの花嫁衣装です。大切な成人式の振り袖を着て、幸せなひとときを過ごしてくださいね。

4月キャンペーン
新型コロナ対策 お客様対応と安心安全のプランニング
オンライン相談
サロンでのご相談はお気軽に
友だち追加