結納なしのスタイルも!その代わりは顔合わせ食事会がオススメ | 家族挙式のウエディング知恵袋

結納なしのスタイルも!その代わりは顔合わせ食事会がオススメ



結婚が決まると、結婚式という特別な日に向けてのカウントダウンが始まることでしょう。結婚式場を決め、衣装を選び、自分たち好みの装飾や演出をプランニングして、世界で最高の1日をイメージします。そのあとは新婚旅行先の選定や新居の準備……と忙しくも楽しい毎日が始まります。

結婚式や結婚後の準備はどれも楽しく、そして大変な時間だと思います。しかしその前にひとつ決めておくべき大切なことがあります。それは、「結納」をするか、しないかということです。

結納とは、両家のつながりや結婚の意思を確認しあう場です。結婚とは当人たちだけでなく、お互いの両親をはじめ、親戚同士が今後長きにわたって繋がっていくということ。そのため、正式にそれを確認しあう儀式も必要になってくるのです。

昔は結婚が決まったら、結納をするのが当たり前でしたが、近年では結納をしないカップルが増えています。では結納をしない場合はどうすれば良いのでしょうか?

そこで今回は、結納をしない場合に選択されることが多い「顔合わせ食事会」についてご紹介していきます。

 

なぜ結納をしないケースが増えているの?


なぜ結納をしないケースが増えているのでしょうか。その理由には結婚するふたりの考え方、両家の意向、金銭的な理由など、さまざまなものが挙げられます。

結納をするには仲人を立て、結納をする場を設け、結納金や結納返しなども必要がです。時間や金銭的な負担などがかかるのはもちろんですが、結納と言う堅苦しさを避ける傾向も見られます。また結納が減るのとともに、仲人を立てないカップルも増えているのです。

結納の件数自体は昔に比べると激減しています。しかし、現代の若者達、その両親世代がつながりを軽んじるようになったわけではありません。両家の負担にならないように、結納の代わりとなる「顔合わせ食事会」が増えてきました。食事会のように堅苦しくない雰囲気の中で両家の親交を深める方が、お互いの今後の付き合いにおいてもプラスになると、とても評判を呼んでいます。

「家族挙式」でも「お食事会のみプラン」を設定。神社挙式や海外挙式のあとはもちろん、両家の顔合わせ食事会に利用できるようなサービスを提供しています。今の時代、顔合わせ食事会は、結婚に関する「当たり前」の行事になってきているのです。

 

顔合わせ食事会ではどんなことをするの?


顔合わせ食事会は、結納のように堅苦しい雰囲気ではありません。新郎新婦と両家の家族を囲んで、楽しく食事をするというもの。結納の場合は互いに準備した結納品を交換するなど、形式に基づいて進められていきますが、顔合わせ食事会は堅苦しい雰囲気や形式的なことはありません。

両家の親睦を深めることに重きが置かれるため、結納よりも気軽に参加できるメリットがあります。両家水入らずの状態でゆっくり話せる機会は結婚式を含めてもあまりありませんので、貴重な機会とも言えるでしょう。

 

顔合わせ食事会の場所は?

顔合わせ食事会は、ホテルや料亭などで行われる傾向があり、とくに和食のお店でおこなわれるケースが多くみられます。 お互いの両親の好みをしっかり聞いて、レストラン・料亭などお好きな場所を選ぶようにしましょう。双方の自宅からの距離も考え、アクセスしやすい場所にあるお店も選びたいですね。

双方の両親もしくは片方の両親が遠方から来るようなケースもあることでしょう。そのようなケースでは、ランドマークの近くや、老舗の料亭など、少しでも喜んでもらえるような場所をセレクトするのもおすすめです。

 

顔合わせ食事会に出席するときの服装は?

顔合わせ食事会に出席するときは、男性は基本的にはスーツ、女性もスーツかワンピースにしましょう。あまり個性的過ぎる服装は避け、無難な服装の方がご両親世代には受け入れられやすくなります。特に女性はスカートの丈に注意が必要です。丈が短すぎると、清楚な印象からはかけ離れてしまうので、十分に気を付けるようにしてください。

また両家の服装をある程度合わせておくのも大切です。新郎側はとてもカジュアルな服装で来たのに、新婦側は正式結納に出席するような服装で出席したなんてことにならないようにしましょう。新郎新婦が間に入って調整し、どんな服装にするか両家で事前に示し合わせておくと良いでしょう。

 

どのように顔合わせ食事会を進めて行けば良いの?

正式結納では、仲人が進行役になって会を進めていきます。 しかし顔合わせ食事会は、基本的に仲人を立てるわけではありません。そのため、新郎の父が率先して進めていく場合がほとんどです。

結納と異なり、「こうしなければならない」という進行の決まりはありません。互いに緊張しすぎず、失礼にならないように気をつけながら、リラックスして両家の親睦を深めていきたいですね。

 

顔合わせ食事会の費用はどれくらいかかる?

顔合わせ食事会の費用は、人数や会場、食事内容によって大きく異なります。平均して5~7万ほどで、1名あたり5,000円~1万円前後が見込まれます。これらはあくまでも平均ですので、料理のグレードや会場費、飲み物代など、状況によって変動。会場となるお店としっかり話し合い、見積もりを取るようにしましょう。

家族挙式の場合は、2021年12月現在で「279,620円(税込)~(10名の場合)」となっており、6名から受け付けています。ちなみに家族挙式の「お食事会のみプラン」では、ウェディングドレスなどの衣装代や、写真代なども含まれた料金になっています。「結婚式はしないけれど顔合わせはしておきたい」というカップルにとくにおすすめと言えます。

 

顔合わせ食事会で、両家の絆を深めて!


今回は、結納なしのスタイル「顔合わせ食事会」についてお話をしました。近年は結納よりも気軽にでき、費用も安くつくことで、顔合わせ食事会が主流になっています。「緊張せず、良い雰囲気になっていた」「美味しいお料理を和気あいあいと楽しめた」など、顔合わせ食事会をして正解だったという先輩カップルも少なくありません。

顔合わせの食事会で美味しい料理を楽しみながら、両家の絆を深めてはいかがでしょうか。結婚とはお互いの家同士の結びつきでもありますので、こうした顔合わせの機会も大切にしたいですね。

新型コロナ対策 お客様対応と安心安全のプランニング
オンライン相談
サロンでのご相談はお気軽に