ウェディングドレスの基礎知識!ドレスの素材を知ろう | 家族挙式のウエディング知恵袋

ウェディングドレスの基礎知識!ドレスの素材を知ろう



ウェディングドレスを選ぶ際には、まずデザインやシルエットが気になるのではないでしょうか。結婚式には、自分に似合うデザインのウェディングドレスを選びたいもの。デザインやシルエットにもこだわりながら、さらに一歩踏み込んで、素材にも注目しましょう。

素材が違うと、ウェディングドレスの雰囲気もがらりと変わります。素材について知ることで、ドレス選びもスムーズになるでしょう。そこで今回は、ウェディングドレスで使われている素材について詳しく解説! これからウェディングドレスを選ぶ方は、ぜひ参考にしてくださいね。

 

大切なのは生地選び!ウェディングドレスの素材いろいろ


エレガントやガーリー、クールなど、なりたい花嫁のイメージがそれぞれあるかと思います。ウェディングドレスのデザインやシルエットの他、素材にこだわることで、自分のなりたい花嫁に一歩近づけます。それでは、ウェディングドレスに使われている素材とその特徴について、具体的に見ていきましょう。

 

【ウェディングドレスの素材】定番!滑らかな手触りの「シルク」

最初に紹介するのが、ウェディングドレスの定番素材である「シルク」です。滑らかな手触りと上品な光沢は、ウェディングドレスに最適な素材と言えます。シルクは軽くて吸湿性にすぐれているため、生地を多く使うドレスでも軽やかな仕上がりになるうえ着心地も良く快適です。

シルクは天然素材なので、肌の弱い方にもおすすめ。しかし、天然素材ゆえに虫食いの被害に遭いやすいのがデメリットです。また日焼けしやすく汗ジミもできやすいので、ウェディングドレスを購入する予定の方は、保管方法に十分注意を払ってください。

 

【ウェディングドレスの素材】最高級品質の「ミカドシルク」

シルクのなかでも、最高級の品質を誇る「ミカドシルク」。「キングオブシルク」とも呼ばれており、上品な光沢やハリ感、程良い重厚感が特徴で、ウェディングドレスにも使われます。イギリスのキャサリン妃がロイヤルウェディングで着たドレスにも、ミカドシルクが使われていました。

ラグジュアリーで気品のあるミカドシルクは、大聖堂やハイグレードなホテルウェディングといったワンランク上の結婚式にぴったり。変色しやすく、シワにもなりやすいとてもデリケートな素材ですが、ミカドシルクでしか出せない魅力があります。ジャパンクオリティを感じられる一級品です。

 

【ウェディングドレスの素材】ツルツルとした光沢が特徴の「サテン」

「サテン」は素材の名称ではなく、生地の織り方を言います。繻子織(しゅすおり)と呼ばれており、やわらかく滑らかでツヤツヤとした質感が特徴です。サテンには、シルクやポリエステル、ナイロンなどさまざまな素材があります。

エレガントで華やか、それでいて気品も感じられるサテンはウェディングドレスに最適な生地。ドレープ性があるので、ラインが美しく見え動きが出ます。上品でツヤのあるサテンは、王道ウェディングにぴったりです。価格は生地によって大きく違い、シルクサテンは高級素材として使われています。

 

【ウェディングドレスの素材】ふわふわと軽やかな「チュール」

「チュール」とは、多角形(主に六角形)の網目が連なっているレース素材のことを言います。ふわっと軽い素材で、キュートでスイートなイメージの花嫁を目指している方におすすめです。

チュールは透け感があり軽いため重ねても重くならず、やわらかい印象になります。上半身をコンパクトにして、チュールを使ったふんわりとしたボリュームのあるスカートを合わせれば、華奢で可憐な印象に。

チュールにはソフトチュールとハードチュールの2種類あります。ソフトチュールは、薄くふわっとしたやわらかい素材で、ベールなどに使われています。ハードチュールは、厚手でハリがあるため、パニエなどに最適。ドレスをボリュームアップする役割も担います。

 

【ウェディングドレスの素材】繊細で美しい「オーガンジー」

「オーガンジー」は、品のある透け感と独特のハリが特徴的です。チュールとイメージが似ていますが、オーガンジーは網目にはなっておらず、特殊加工によって半透明にしている生地のこと。

エレガントで上品なイメージのオーガンジーは、ウェディングドレス全体に使っているもの、スカートのみに使っているものがあり、どちらも素敵です。チュールに比べるとハリがあり、甘さは少し控えめです。

オーガンジーには、グラスオーガンジーとシルクオーガンジーがあります。グラスオーガンジーはその名の通りガラスのような透明感があり、キラキラと輝くのが特徴。ポリエステル素材のものが多いです。シルクオーガンジーはなめらかで美しい光沢があり、高級感があります。

 

【ウェディングドレスの素材】独特の質感が大人っぽい「ジョーゼット」

表面がポコポコとしている「ジョーゼット」は、ちりめんの一種で、着物にも使われている素材です。正式名称はジョーゼットクレープ、もしくはクレープジョーゼットと言います。
薄く透け感がありながら、適度な重みとドレープ性があるのが特徴です。少しマット感があり体にフィットするので、大人っぽいシンプルなウェディングドレスに向いていると言えるでしょう。

 

素材によってウェディングドレスの雰囲気はがらりと変わる


ウェディングドレスに使われている素材について詳しくご紹介しました。美しい光沢のあるものや透け感のあるもの、また織り方や特殊加工によって独特な素材感を出しているものなどさまざまです。

ウェディングドレスのデザインやシルエットをさらに引き立たせるので、素材選びはとても重要です。生地を参考にしていただき、自分の理想とするウェディングドレスに合った最適な素材を選んでくださいね。

新型コロナ対策 お客様対応と安心安全のプランニング
オンライン相談
サロンでのご相談はお気軽に