婚約指輪に選ぶダイヤモンドの基礎知識!「4C」ってなに? | 家族挙式のウエディング知恵袋

婚約指輪に選ぶダイヤモンドの基礎知識!「4C」ってなに?



結婚が決まると、婚約指輪を購入するカップルは多いのではないでしょうか。なかには、プロポーズの段階で男性が用意しているというケースも。婚約指輪に選ぶ宝石として、ダイヤモンドは高い人気を誇っています。大切な婚約指輪ですから、こだわりを持って選びたいものですね。

ではダイヤモンドを選ぶとき、どんなポイントを意識するといいのでしょうか。今回はダイヤモンド選びの基礎知識として、「4C」をご紹介します!

 

ダイヤモンドの「4C」とは、品質の評価基準!


ダイヤモンドを選ぶときに意識したい「4C」とは、ダイヤモンドの品質を表した4つの基準のこと。それぞれの基準の頭文字から「4C」と呼ばれています。この「4C」によって、ダイヤモンドの価値が変わります。

  • 「Carat(カラット)」……重さを表す基準
  • 「Color(カラー)」……色を表す基準
  • 「Clarity(クラリティ)」……透明度を表す基準
  • 「Cut(カット)」……輝きを左右する、形やプロポーションを表す基準

これら4種類の基準のうち、「Carat(カラット)」はよく耳にする言葉ではないでしょうか。それぞれの基準について、順番に見ていきましょう。

 

【ダイヤモンドの4C】「Carat(カラット)」とは?

よく耳にする「Carat(カラット)」とは、ダイヤモンドの重さを表す基準。カラットの数字が大きいほど、重いということになります。ダイヤモンドだけではなく、他の宝石にもカラットは使用されています。

1カラットは、0.2グラム。ダイヤモンドそのものの大きさとしては6.5mm程で、意外と大きく感じるのではないでしょうか。実際に婚約指輪で選ばれるのは、0.3カラット前後が多く見られます。

 

【ダイヤモンドの4C】「Color(カラー)」とは?

「Color(カラー)」とは文字通りダイヤモンドの色のこと。カラーの評価でもっともグレードが高いのは、無色透明の「D」クラスです。このクラスは23段階あり、DからE、そして最後はZと、透明度が下がるにつれてクラスも落ちていきます。

ダイヤモンドはどれも無色透明というわけではなく、クラスが低いほど黄色が強くなります。婚約指輪にはできるかぎり透明度が高いもの、D~Fクラスのものがおすすめです。

ちなみに最低ランクのZ以上に色がついているダイヤモンドも存在しています。そういったダイヤモンドは逆に希少性が高く、「ファンシーカラー」と呼ばれています。

 

【ダイヤモンドの4C】「Clarity(クラリティ)」とは?

「Clarity(クラリティ)」とは、ダイヤモンドの透明度を表している基準です。ダイヤモンドは非常に硬い宝石でもありますが、しかし完全に無傷というわけではなく、また不純物がないわけではありません。ダイヤモンドの傷(ブレミッシュ)をはじめ、内包されているもの(インクルージョン)がどれくらいのものなのか、11段階の基準に分けられています。

最もグレードが高いクラスは、「FL(フローレス)」。傷や内包物などがないダイヤモンドにつけられます。婚約指輪には、肉眼では傷などを確認できない「VS」以上のクラスを選ぶことをおすすめします。

 

【ダイヤモンドの4C】「Cut(カット)」とは?

「Cut(カット)」は、ダイヤモンドの輝きと、その輝きを左右するプロポーションのこと。カットの方法や技術によってダイヤモンドが持つ輝きが大きく変わるので、しっかりとチェックしたいところです。

カットにも当然ながら段階があり、最高は「EXCELLENT」。婚約指輪には「GOOD」以上をおすすめしますが、もし可能であるならば「EXCELLENT」を選びたいものです。それくらい、輝きが違います。

「シンメトリー(対象性)」「プロポーション」「ポリッシュ(研磨)」の3種類があり、全てにおいてEXCELLENTと評価される「トリプルエクセレント」のダイヤは、最高の輝きを放ちます。

ダイヤモンドや他の宝石にはさまざまなカット方法がありますが、ダイヤモンドでよく見られるのは「ラウンドブリリアントカット」。光の反射による輝きも美しく、ダイヤモンドの良さを最大に引き出しています。

婚約指輪として人気が高いのは、ラウンドブリリアントカットでもさらに「ハート&キューピッド」(※)と呼ばれるものです。これはダイヤモンドに「ハート」と「キューピッドの矢」が8個ずつ見えるという、美しいもの。スコープを通してしか見られませんが、「ハート&キューピッド」のダイヤモンドは完璧なカットの証でもあります。

※かつては「ハート&アロー」と呼ばれていました。この呼び方に馴染みがあるという方も少なくありません。

 

幸福の第一歩、大切な婚約指輪だからこそしっかりこだわりたい!


ダイヤモンドの「4C」についてご紹介しましたが、婚約指輪は幸福の第一歩としても大切なアイテム。いまは購入しないというカップルも多いですが、購入するのであればしっかりとこだわりたいですね。

ダイヤモンドの「4C」は、鑑定書にもきちんと記載されます。婚約指輪の実物と共に、大切な宝物になることでしょう。大きさでこだわるか、美しさでこだわるか、こだわりポイントは人それぞれ。いつまでも眺めていたくなるような、納得の行くダイヤモンド選びができるといいですね。

6月キャンペーン
新型コロナ対策 お客様対応と安心安全のプランニング
オンライン相談
サロンでのご相談はお気軽に
友だち追加