電子レンジ&オーブンレンジの違いと選び方をチェック! | 家族挙式のウエディング知恵袋

電子レンジ&オーブンレンジの違いと選び方をチェック!



結婚による新生活を始めるにあたり、家具や家電を買いそろえるカップルが多いと思います。特にキッチン家電は料理のクオリティや調理時間を左右するので、慎重に決めたいところです。

代表的なキッチン家電のひとつといえば、電子レンジです。冷めたご飯やおかずを温めたり、冷凍した肉を解凍したり、ときには調理にも利用したりと日々大活躍してくれる、なくてはならない家電のひとつ。毎日フル稼働するからこそ、使い勝手の良いもの、ライフスタイルに合ったものを選びたいですよね。

家電量販店に足を運ぶと、電子レンジとは別にオーブンレンジも販売されています。電子レンジとオーブンレンジはどう違うのでしょうか。またどんな点に注意して選べば良いのでしょうか。

この記事では、キッチンの必需品である電子レンジとオーブンレンジの違いや選び方についてご紹介します。これから電子レンジやオーブンレンジを探したいと考えている方、必見です。

 

まずは基本から!電子レンジとオーブンレンジの違いは?


電子レンジとオーブンレンジは、どちらも食材を加熱する家電です。しかしその仕組みや用途は大きく違います。それぞれ詳しくみていきましょう。

 

電子レンジの特徴は?

電子レンジは、日本国内では1961年に初めて発売されました。それからおよそ60年が過ぎ、今では日本のほとんどの家庭に普及している生活必需品です。

電子レンジは、マイクロ波が食材の水分を振動、回転させて温度を上げるという仕組みで、その性質上、食材を内から加熱するのが特徴です。電子レンジの進化は目まぐるしく、多機能のものも多く販売されていますが、基本的には「食品を温める」ことに特化しています。

 

オーブンレンジの特徴は?

オーブンレンジとは、ひとことで言うと「オーブン機能が搭載された電子レンジ」のこと。電子レンジとオーブンがひとつになっているので、狭いキッチンにも置ける点がメリットです。

オーブンは、食材の過熱方法が電子レンジとは違い、赤外線で庫内の温度を上げて加熱します。電子レンジが食材を内から加熱するのに対して、オーブンは外から加熱するため、焦げ目をつけられます。もちろん、オーブンだけではなく電子レンジとしての使用も可能です。

 

電子レンジとオーブンレンジの選び方は?


電子レンジもオーブンレンジも、広く普及しているキッチン家電。そのため多くの家電メーカーから、さまざまな商品が販売されています。電子レンジとオーブンレンジのどちらを購入すれば良いのか、どのような点に注意して選べば良いのか、具体的に解説します。

 

搭載された機能で選ぶ

電子レンジやオーブンレンジに何を求めるかによって、選ぶものは変わります。「オーブン機能は必要ない」「冷凍した食材を解凍したい」「買ってきたお惣菜を温めたい」など、温める機能だけ必要な場合は、シンプルな単機能電子レンジで十分です。

また、ビルトイン型のオーブンがキッチンにもともと備えられている場合も、電子レンジで問題ないでしょう。単機能の電子レンジは1万円以下で売られている商品もあり、財布に優しい点もメリットです。

反対に、「ケーキやパン作りを楽しみたい」「グラタンやローストビーフを作りたい」「通常の電子レンジの機能も欲しい」など、多彩な使い方を求める方にはオーブンレンジがおすすめです。電子レンジとオーブンどちらの機能も備わっているため、料理の幅がぐんと広がります。ただしオーブンレンジは多機能なものが多く、一般的に電子レンジと比べると高額になります。

 

ターンテーブル、フラットテーブルどちらのタイプを選ぶ?

電子レンジ、オーブンレンジには、ターンテーブル式もしくはフラットテーブル式の2種類あります。その特徴を具体的にみていきましょう。

 
【ターンテーブル式】
ターンテーブル式は、放射されるマイクロ波を一定方向から受ける仕組みで、食品を乗せた丸い皿(ターンテーブル)を回転させて温めます。ただし温めたい食品が大きい場合、庫内に引っかってターンテーブルだけが空回りをしてしまい、食品に加熱ムラができることも。

また凹凸があるため、掃除しにくい点も否めません。しかし、フラットテーブル式に比べてリーズナブルな商品が多いので、価格を抑えたい方におすすめです。

 
【フラットテーブル式】
マイクロ波が多方向からあたる仕組みのフラットテーブル式は、庫内に食品を置き、そのまま加熱できます。加熱ムラが少なく、掃除しやすい点がメリットです。庫内を無駄なく使えるため、大きなものもムラなく温められます。

オーブン用に天板がついているものも多いので、お菓子作りやパン作りに最適。ターンテーブル式に比べると価格は上がりますが、多機能なものを選びたい方はフラットテーブル式を選ぶと良いでしょう。

 

ニーズやライフスタイルに合わせて、ぴったりのものを選ぼう


電子レンジとオーブンレンジの違いや選び方について、ご紹介しました。

電子レンジは比較的リーズナブルな商品が多く、温める、解凍するといったシンプルな機能を求めている方に最適です。またオーブンレンジは、オーブン機能の他、発酵機能やジューシーな仕上がりになるスチーム機能、油をカットできるヘルシーなノンフライ機能などが搭載されたハイスペックな商品が多く販売されているので、料理を楽しみたい方におすすめです。

最後に、商品を選ぶ際に注意すべきことをお知らせします。電子レンジをはじめ、一部の家電は、住む地域の周波数が異なると使えません。特に安価の電子レンジは要注意! せっかく購入しても、引っ越し先で使えないことがあります。

「関西から関東に引っ越す予定がある」「転勤族で全国どこにいくか分からない」という方は、日本全国どのエリアでも使用できるヘルツフリーの家電を選ぶと良いでしょう。シンプルな機能の電子レンジが良いのか、ハイスペックなオーブンレンジが良いのか、ニーズやライフスタイルに合わせて、最適なものを選んでくださいね。

家族挙式CMギャラリー 私より、楽しみにしてくれる人がいる。
新型コロナ対策 お客様対応と安心安全のプランニング
オンライン相談
サロンでのご相談はお気軽に