結婚式場の「クローク」に荷物を預けたい!クロークの利用方法を紹介 | 家族挙式のウエディング知恵袋

結婚式場の「クローク」に荷物を預けたい!クロークの利用方法を紹介



友人や知人の結婚式に参加する予定のゲストのみなさん、「挙式や披露宴の前に手元の荷物を預けたい」と思っていませんか? そんなときは、クロークの利用が便利です。とはいえ、「これまでクロークを利用したことがない」「そもそもクロークを知らない」という人にとっては不安ですよね。

そこで今回は、ホテルや結婚式場にあるクロークの利用方法をご紹介します。遠方からの参加で手元の荷物が多い方はもちろん、そうでない方も結婚式に参加する前にぜひチェックしてみてください。

 

そもそも「クローク」ってなに?


クロークは、ホテルや結婚式場などにある、ゲストの上着や手荷物をしばらく預かってくれる場所のことです。もとは上着の外套(がいとう)を指す言葉でしたが、現在では荷物を預けるクロークのことも指します。

大抵のホテルや結婚式場にはクロークが用意されていますが、一部の会場では設置されていないことも。心配な場合は、会場などに事前に確認しておくと安心でしょう。また、会場によっては、鍵付きのロッカーがあるところもあります。

クロークが設置されている場所は、会場によって異なるものの、フロントや披露宴会場の近くなど、わかりやすい場所にあることが多いです。

 

結婚式では不要な荷物はクロークへ


結婚式では、大きな荷物を持ったまま参加するのはマナー違反です。荷物は最小限にとどめるのが良いですが、遠方からの参加で当日や前日に宿泊をするゲストはどうしても荷物が多くなってしまいますし、そうでないゲストも荷物がかさばってしまうことは珍しくありません。

さらに、肌寒い季節は、近場のゲストでもコートなどの上着が必要になるでしょう。クロークでは、こうした結婚式の間に不要な荷物や上着を預かってくれますが、預けられるものに制限を設けている場合もあります。

例えば、コートなどの上着や手荷物、スーツケースなどは預かってくれますが、お財布などはNGというところが多いです。貴重品に関しては預けられない会場が多いので、結婚式の間も手元に置いておくということを念頭に準備を進めましょう。

なお、貴重品を始め、結婚式の間も必要な手荷物については、男女で扱いが異なります。女性の場合は、コンパクトなパーティー用のバッグを用意し、そのなかに入れて持ち運ぶようにしましょう。

一方、男性の場合は、基本的にバッグを持つのは避けた方が良いとされるため、できる限りスーツのポケットなどに入る荷物にとどめるようにしてください。バッグが必要な場合は、クラッチバッグなどを用意しましょう。

 

どうやってクロークを利用するの? 万が一ない場合は?


友人や知人の結婚式で初めてクロークを利用するという方もいるでしょう。ここからは、クロークの具体的な利用方法についてご紹介します。また、万が一クロークがない会場にお呼ばれした場合の対策も合わせて見ていきましょう。

 

結婚式場のクロークの利用方法

ホテルや結婚式場のクロークを利用する際は、まずクロークにいるスタッフに声を掛け、荷物を預ける旨を伝えましょう。荷物を預けると、代わりに番号札などをもらうため、荷物を受け取るときまで大切に保管しておきます。荷物を受け取る際は、クロークで預けたときにもらった番号札を渡し、自分の荷物と交換します。

 

クロークがない会場の場合は?

先ほども少し触れましたが、会場によってはクロークがない場合もあります。コインロッカーなどがあればそちらを利用すればいいですが、そうした施設もない場合は、最寄り駅などに設置されたコインロッカーを使うようにしましょう。

事前にクロークやコインロッカーが設置されていないことがわかっているのであれば、結婚式に持っていく荷物を最低限必要なものに抑えることも必要です。荷物が多くなりそうな方は、事前に式場に設備の確認をしておくと、当日慌てずにすむでしょう。

 

いつクロークに荷物を預ければいいの?


クロークに荷物を預けるベストなタイミングは、受付の前。つまりホテルや結婚式場に到着した時点で不要な荷物をクロークに預けましょう。ただし、当日式場で着付けや着替え、ヘアセットなどを予定しているゲストはこの限りではありません。クロークには、先に必要な準備を整えてから荷物を預けるとスムーズです。

また、結婚式の準備をする段階で、事前にクロークに預けるものと、会場で手元に置いておきたいものは分けておくことも忘れずに。そうすることで、クロークに荷物を預けるとき、もたつくことがありません。

 

クロークを上手に活用! 手元をスッキリさせて結婚式へ


クロークをこれまで利用したことがないという人もいるかもしれませんが、とくに難しいルールなどはありません。結婚式に参加している間、必要のない荷物は、クロークに預けておくといいでしょう。クロークを有効利用すれば、結婚式の間荷物がかさばる心配がありません。手元をスッキリさせて、結婚式に参加してみてはいかがでしょうか?

新型コロナ対策 お客様対応と安心安全のプランニング
オンライン相談
サロンでのご相談はお気軽に
友だち追加