お色直しって何のためにあるの?結婚式のギモンを大調査! | 家族挙式のウエディング知恵袋

お色直しって何のためにあるの?結婚式のギモンを大調査!



披露宴で“お色直し”をする予定というカップルも多いでしょう。披露宴を盛り上げる定番演出のひとつとして、これまで多くのカップルの結婚式で取り入れられてきました。しかし、何のためにあるものなのか知っている方は少ないかもしれません。

そこで今回は、お色直しに注目し、その意味や昨今のお色直しの様子など、お色直しにまつわるさまざまな疑問をご紹介していきます。お色直しをする予定というカップルはもちろん、お色直しを取り入れようか悩んでいるカップルもぜひ、チェックしてみてください。

 

披露宴を盛り上げる、お色直しとは?


そもそもお色直しとは、披露宴の最中に新郎新婦が別の衣装に着替えることを言います。ふたりがどんな衣装に着替えて再登場するのか楽しみにしているゲストも多く、披露宴が盛り上がる場面のひとつです。

そんなお色直しですが、衣装を着替えるパターンはさまざま。ウェディングドレスからカラードレスに着替える場合もあれば、ウェディングドレスから和装、和装からカラードレスに着替えることもあり、個性をアピールできます。

また、衣装は着替えずにヘアアレンジやアクセサリーだけ変えるという場合も。新婦の場合、アップスタイルからダウンスタイルに変えるだけでも印象が変わるので、お色直しをしたいけどゲストをあまり待たせたくない方や、衣装費用の負担を減らしたいときなどにおすすめです。

 

お色直しの意味は? 何のためにするの?


お色直しというと、新婦がウェディングドレスや白無垢といった白い衣装から、カラフルな衣装に着替えることをイメージする方も多いのではないでしょうか? 実は、これにはお色直しが生まれた歴史が関係しています。

一説によると、新婦のお色直しが生まれたのは戦国時代と言われています。戦国時代と言えば、群雄割拠の時代。結婚も政治の駆け引きのひとつであり、政略結婚が行われていました。新婦をスパイとして潜り込ませることもあったため、新婦に対し、疑い深くなることもあったようです。

戦国時代以前は新婦の衣装に決まりがありませんでした。しかし、こうした背景もあり、新婦が嫁ぎ先の家に信頼してもらうために、実家とは決別しましたという意味を込め、白い死装束を着たと言います。

その後で、カラフルな着物に着替えることで、「私は過去と決別し、あなたの家に染まりました」ということを嫁ぎ先に示したのです。このように、戦国時代に白い死装束からカラフルな着物へ着替えた習慣が、現在のお色直しになったと言われています。

一方、現代のお色直しでは、こうした意味を意識することはほとんどなく、結婚式を盛り上げる演出のひとつとなっています。いろいろな衣装を着たいという新郎新婦の意思が反映されているほか、新郎新婦の休憩やトイレの時間としての意味を兼ねていることも。

ゲストから注目され緊張が続く結婚式で、一息つける時間は貴重です。ゲストも歓談を楽しんだり、トイレに行ったりすることができるようになっているので、ぜひ取り入れてみてはいかがでしょうか?

 

3回以上お色直しをした時代も!? 昨今のお色直しは?


派手婚が流行ったバブル時代では、3回以上お色直しをすることも珍しくありませんでした。しかし、昨今のお色直しは1回というカップルがほとんど。その背景には、衣装を着替えている間にゲストを待たせしてしまうのを心配していることなどが挙げられます。新郎新婦にとって、披露宴=ゲストをおもてなしする場という意識が高まっていることが関係していると言えるでしょう。

また、昨今のお色直しは、回数よりも演出に力を入れているのが特徴。お色直しの演出にこだわるカップルも多いです。例えば、お色直しで退場するときに、サプライズとして家族やゲストにエスコートを依頼する場合もあります。

ほかにも、お色直しで何色のカラードレスを着るのかクイズにする「カラードレスクイズ」も人気がある演出です。正解した人に景品を渡すことで、お色直しの注目度がアップします。このように、お色直しにプラスアルファの演出を加えることで、さらに結婚式を盛り上げることができますよ。

一方で、昨今はお色直しをしないという選択をするカップルも。これには、お色直し用の衣装を用意する費用を抑えたい、ゲストと楽しむ時間を長くしたい、などという考えがあるようです。一生に一度の結婚式ですから、ふたりが後悔しないよう、しっかり話し合って決めたいですね。

 

お色直しを取り入れて、結婚式をより一層華やかに!


お色直しの意味は、時代とともに移り変わってきています。今の時代、お色直しは必ず取り入れなければならないものではありませんが、取り入れることで、披露宴の雰囲気を変えたり、盛り上げたりするのにひと役かってくれるでしょう。

どのような選択をするにしても、ふたりが後悔しないようにしたいですね。お色直しを取り入れて、結婚式をより一層華やかにしてみてはいかがでしょうか?

6月キャンペーン
新型コロナ対策 お客様対応と安心安全のプランニング
オンライン相談
サロンでのご相談はお気軽に
友だち追加