ベッドor布団?新婚家庭の寝具はどちらを選ぶ? | 家族挙式のウエディング知恵袋

ベッドor布団?新婚家庭の寝具はどちらを選ぶ?



結婚してパートナーと一緒に暮らすタイミングで、ベッドを買うかそれとも布団にするかを決めなくてはいけません。昔は、嫁入り道具のひとつに婚礼布団がありましたが、時代が変わってベッドを購入するカップルも増えたため、今はあまり聞かなくなりました。もちろん、今でも布団は根強く人気です。

ベッドにするか布団にするか、どちらもそれぞれ良いところがあるので迷うところですよね。この記事では、新婚家庭の寝具にはベッドと布団のどちらを選べばいいか、メリットとデメリットを挙げながらご紹介します。

パートナーと一緒に暮らし始める前に、ぜひこの記事をお読みいただき、納得したうえで寝具を決めてくださいね。

 

新婚家庭の寝具は?ベッドと布団のメリット・デメリットをそれぞれ紹介


新婚家庭の場合、ベッド派、布団派はほぼ同じくらいの割合だと言われています。イーブンだとどちらがいいのかますます迷ってしまいますね。暮らし方や住宅の状況も家庭によってさまざまなので、ベッドと布団のどちらがいいとは一概に言えません。

それぞれのメリットとデメリットを理解して、自分たちにあった寝具を決めることをおすすめします。それでは、ベッドと布団のメリットとデメリットを詳しくみていきましょう。

 

【新婚カップルの寝具は?】ベッドのメリット

まずは、ベッドのメリットをご紹介します。ベッドは、布団のように押し入れから出したりしまったりしなくても良いので、共働きの忙しいカップルにぴったり。布団の上げ下ろしは、なかなかの重労働のため、毎日だと大変だし面倒…と思われる方も多いでしょう。

ベッドの場合は、ベッドメイキングすればすぐに綺麗な状態に。高さがあるので、腰への負担も少ないです。収納スペースがあるベッドを選べば、ベッド下のデッドスペースも有効活用できますよ。

新婚カップルはダブルベッドを選ぶ場合が多いようですが、ツインベッドも人気。
スペースを取りすぎないダブルベッドは、コンパクトなうえ、ツインベッドやシングルベッドをふたつ購入するよりも、比較的リーズナブルです。

シングルやセミダブルをふたつ並べて使うツインベッドは、ダブルベッドに比べて広々と使えます。寝相が悪い、寝る時間が違うといったカップルは、ツインベッドの方が良さそうです。

 

【新婚カップルの寝具は?】ベッドのデメリット

次にベッドのデメリットをご紹介します。一番のデメリットは、スペースを圧迫するという点です。比較的コンパクトと言われるダブルベッドも、かなりの存在感です。

寝室が6畳程度の場合は、部屋がベッドで埋まってしまうでしょう。部屋数がいくつかあり、寝室を寝るだけの部屋として使う場合は、ベッドで特に問題ないと思います。しかし部屋数が少ない場合、ベッドを導入するのは難しそうです。

「やっぱり布団が良かった」と思っても、ベッドのような大型家具の処分はなかなか大変なもの。お金もかかるため、安易にベッドを購入するのはやめたほうがいいでしょう。

「ベッドと布団、どちらにするか迷っている」という方は、まずは布団生活から始めることをおすすめします。

 

【新婚カップルの寝具は?】布団のメリット

布団における最大のメリットは、たたんで収納することができ部屋のスペースを広く使えるという点です。布団を干すのも簡単なので、清潔な状態をキープできるという点もメリット。

面倒な布団の上げ下ろしはデメリットと思われがちですが、見方を変えれば、自然に軽い運動を毎日続けられるとも言えます。布団の上げ下ろしを毎日すると足腰が丈夫になるとも言われているので、苦にならない方には布団がおすすめです。

ベッドに比べて掃除がしやすい点もメリットと言えるでしょう。ベッドは床下がどうしても掃除しにくく、ホコリが溜まりがちですが、布団の場合、たためばすぐに掃除ができます。

また、子どもが生まれた場合も、布団に軍配があがります。子どもが小さいうちは、添い寝をするご家庭がほとんど。布団の場合、ベッドのように落下する心配がありません。

 

【新婚カップルの寝具は?】布団のデメリット

メリットの方でも挙げましたが、布団の上げ下ろしはやはりネックと言えるでしょう。重さもありますし、特に冬場は毛布などが何枚も追加されるため、より面倒くさいと感じるかもしれません。

とはいえ敷きっぱなしは、湿気がこもりやすく、カビやダニの発生原因にもなるため絶対にNG! 性格的に面倒くさがりでマメじゃないと自覚している方は、布団よりもベッドが向いていると言えそうです。

またフローリングに布団を敷く場合は、床冷えすることも。暖房をつけてもあたたかい空気は上の方に溜まるため、布団そのものはなかなか温まりません。冬には、湯たんぽや電気毛布を取り入れるなど、工夫するといいでしょう。

 

性格やライフスタイルに合わせて、寝具を選びましょう


ベッドと布団のメリット、デメリットをご紹介しました。新居における寝具をどうするかは、性格やライフスタイルによって異なります。引っ越しの予定や子どもが生まれる予定があるかなども考慮しながら、最適な寝具を選んでくださいね。

6月キャンペーン
新型コロナ対策 お客様対応と安心安全のプランニング
オンライン相談
サロンでのご相談はお気軽に
友だち追加