スタイルいろいろ家族挙式

  • 前撮り写真
  • 会費制パーティ
  • 結婚写真+食事会
  • 神社挙式
  • ハワイ挙式
わたしたちが家族と呼べる人と。家族挙式

東京・名古屋・大阪・仙台・広島・九州。
97,200円で叶う結婚式場 家族挙式

彼のご両親にご挨拶!親ウケするおすすめファッションとは


75e6a90a3757d5a3218bc55484864016_m
交際を経て、プロポーズ!嬉しさと幸せでいっぱいの二人でしょうが、結婚となると二人だけで決められることではありません。

法律上は成人した男女であればお互いの意思で結婚ができるものですが、実際はなかなかそういうわけにはいきません。結婚後は家族として生きていくわけですから、多かれ少なかれ、お互いの両親へ挨拶をして了承を得てから話を進めていくのが通常の流れです。

そのため、両親への挨拶は結婚への最初の関門といっても過言ではありません。

交際中に交際相手をお互いの両親にすでに紹介しているカップルも多いと思いますが、遠方で一人暮らしをしている人や、なかなか会う機会が作れないなどの理由で、結婚の挨拶の時に初めて相手のご両親に会う人もいるでしょう。

相手のご両親に結婚相手として挨拶するのはとても緊張することですが、これからの長い将来、嫁として受け入れてもらう相手ですし、良い印象を持ってもらいたいですよね。

そんな大切な挨拶の場で、女性が男性のご両親に気に入ってもらえる、親ウケするファッションというのはあるのでしょうか。もしあるとすれば、どんなファッションが良いのか考えていきたいと思います。

 
◇2019年10月1日の挙式披露宴より、料金改定致しました。https://kazoku-wedding.jp/plan01/

 

まずは彼にリサーチしてみよう

彼のご両親に挨拶する場での装いですが、まずは相手のご両親の好みをリサーチしてみましょう。ご両親と顔を合わせることが多い方は、会っているときにそれとなく調べることができると思います。

ご両親のお住まいが離れていて会えない場合は、彼にご両親のことを聞いてみるのも手です。挨拶の際の服装のため、というと男性は「服装なんて普段どおりでいいよ」と言う方が多いと思いますので、あくまで彼の家族の話を聞きたい、という体で話を持ちかけましょう。

好みまではわからなくても、ご両親の職業や趣味などが分かれば何となく雰囲気がつかめるはずです。

では、具体的にどんなファッションが受け入れてもらえるのでしょうか。もちろん人によって好みはまちまちですので、ここでは一般的に受け入れてもらいやすい格好をご紹介します。

 

挨拶の場でおすすめの服装は

あなたの彼、両親、彼のご両親、そしてあなた自身と、みんな好みの服装というのは違うはずですが、こういった改まった席ではオールマイティーな服装が好まれます。

 

女性らしさ、品を損なわない格好がマスト

彼の未来の妻として紹介されるわけですから、普段ボーイッシュな格好やカジュアルな格好が多い方でも、挨拶の席では女性らしいワンピースやスカートスタイルがおすすめです。

女性らしい服装は花嫁になる女性を引き立て、結婚のイメージもしやすくなるものです。清純で明るさと華やかさを意識した服装が良いでしょう。

スカートスタイルがおすすめとはいえ、丈が短すぎるのは気品を感じさせないので注意が必要です。

特に、両親の実家や、お食事会が料亭などの場合は座る場所がお座敷の場合もあります。その場合、正座をするとさらに丈が短くなり下品に見えてしまいます。正座しても丈が短くなりすぎないように、膝丈くらいの長さが安全でしょう。

服のカラーのおすすめは白やピンクなど清潔感がありつつ女性らしさを感じさせる色です。

例えば白色が相手に与える印象には、清潔さ・純粋さがありますし、ピンク色は、女性らしさ・華やかさ・優しさを印象付けます。この2色は特に取り入れやすい色ではないでしょうか。

逆に、黒色は高級感・知的さという面もありますが、不安や恐怖を感じさせてしまう色なので、ポイントとして取り入れるか、アクセサリーや小物で華やかさをプラスしてあげるのがよいでしょう。

服装というとどうしても、パンツかスカートかなど、スタイルに意識が向きがちですが、色が相手に与える印象は非常に大きく心理的なものなので、色も意識して考えると良いでしょう。

 

アクセサリーや素材で女性らしさを表現できる

万人受けするファッションだと知りつつも、花柄やスカート姿をあまり好まず、なんとなくくすぐったい気持ちになる…という女性もいるはずです。

黒も印象の良い色ではないとわかっていても、モノトーンカラーやシンプルなデザインのファッションが好きな女性も多いですよね。

そんな時は、アクセサリーや素材に注意して選んでみてはいかがでしょう。

ピアスやネックレスなどのアクセサリーは、まさに女性らしさを表現できるうってつけのアイテムです。たとえばピアスは、ゆれるタイプのものだと女性らしさを強調し、パールやダイヤの一粒タイプだと上品な印象を与えることができます。

パールやゴールドをあしらった繊細なアクセサリーは華美になりすぎることなく、女性らしさを引き出してくれる優れものです。

また、レースやシフォン素材など、柔らかそうな素材も女性らしく見せてくれます。

春夏は透けるレースやシフォンで軽やかなデザインになっているトップスが繊細な女性像を作り上げてくれます。秋冬は、ふわふわのニット素材を取り入れると、温かみのある女性をうまく表現してくれるでしょう。

 

髪型も重要なポイント

髪型は、女性の清潔感を左右する重要なポイントです。髪の毛を染めている人は、挨拶の前に美容院に行ききちんと染めておきましょう。もし明るすぎる色であれば、少し落ち着いた色にしておいたほうが無難です。

また、色だけでなく髪のツヤやアレンジも注意が必要です。乾燥してぱさぱさの髪はあなたを老けて見せるだけでなく、みすぼらしい印象も与えてしまいます。

そしてヘアアレンジですが、何もせずにボザボザでいくのは論外ですが、張り切りすぎて盛りすぎたり、コテで巻きすぎるのも悪印象です。

ショートヘアやボブヘアの方は、きれいに櫛でといておくだけでもいいですし、ロングヘアの方はハーフアップにして少しまとめておく程度が一番印象が良いでしょう。

 

見落としがちな靴も注意して

服装や髪型に気をとられて忘れがちなのが、靴です。

ビジネスマンでも、靴を見れば優れた人かどうかが分かるといわれるように、靴はその人となりを表すものでもあるのです。

これはご両親にとってのあなたも同じです。服装などをいくらきれいにしておいたとしても、靴がボロボロだと、実はいい加減な子なのかなと邪推されかねません。

また、靴は3~5センチ程度の高すぎないヒールのパンプスがおすすめです。細いヒールのミュールやスニーカーなどは避けましょう。

 

自分の趣味・個性も大切に

将来義両親となる相手へ結婚のご挨拶ということに焦点を当て、万人受けする華やかで女性らしいファッションを提案しました。

ですが、それが普段の自分自身とあまりにかけ離れたスタイルはである場合は、少し変える必要があります。というのも、相手のご両親とはこの挨拶の時だけでなく、むしろ結婚後に会う機会が増えるものです。

結婚後も毎回自分の好みと違った服装を揃えておくのは難しいものですし、普段着で素の自分を見せることも増えていきます。

そんな時にあまりにも違った雰囲気だったら、「結婚のあいさつの時のイメージで承諾したのに実際は違った!」と、まるで相手を騙してしまったような印象を与えてしまいかねません。

私自身の体験を紹介しますと、私は元々花柄など可愛らしく女性らしいものが少し苦手で、柄物と言えばドットかストライプくらいしか洋服を持っていない、シンプルなものを好む女性でした。

夫のご両親への挨拶の時は女性らしく花柄のワンピースを購入しようかとも考えましたが、デパートなどで試着してみても、どうも自分に似合っているようにも思えないし、どこか不自然な感じがして、結局細かいドットの入ったワンピースにしました。

普段着慣れない服を着ると、自分自身が違和感を覚えてしまい、無意識に笑顔が少なくなったり、服装に合わせた振る舞いをしようと、自分らしくない行動をとってしまったりすることがあります。

そのせいで、あなたらしさが失われてしまっては元も子もありません。

結婚のあいさつは、あなた自身を知ってもらうための場でもありますので、品位を忘れないように注意しながらも、ファッションもメイクも着飾り過ぎず、自分の個性が表現できるとなお良いでしょう。

 

まとめ

たとえ彼が気にしなくていい、普段通りの格好でいいと言ったとしても、やはり結婚の挨拶という大事な場面ではいつもより少しかしこまった格好をするのが、一人前の女性としての身だしなみと言えるでしょう。

相手のご両親の好みもなかなか分からないと思いますので、女性らしく気品を感じさせるファッションが、一般的に相手のご両親に受け入れられやすいファッションだと心に留めておきましょう。

花柄のスカートやワンピース、色は白かピンクでスカート丈は膝丈が無難な格好ではありますが、全ての女性がこの服装を好むわけではなく、それよりも自分に合ったファッションを知っている方も多いと思います。

そのため、この傾向を取り入れつつ、個性的過ぎない格好、上品な格好を心がけましょう。さらに自分の個性を少し取り入れられると尚良いでしょう。

洋服そのもの以外でも、アクセサリーやメイクでも十分に女性らしさを演出できますから、自分の好みも大切に当日を楽しみましょう。

ファッションセンスに自信がなくても心配は要りません。相手のご両親は、女性のセンスを見ているのではなく、どんな人柄かを見ているのですから、紹介したスタイルや色味は参考程度にして、自分らしく笑顔を忘れずに挨拶へ行きましょう。