スタイルいろいろ家族挙式

  • 前撮り写真
  • 会費制パーティ
  • 結婚写真+食事会
  • 神社挙式
  • ハワイ挙式
わたしたちが家族と呼べる人と。家族挙式

東京・名古屋・大阪・仙台・広島・九州。
97,200円で叶う結婚式場 家族挙式

結婚式の二次会!幹事は誰に頼めばいい?



結婚式のあとに、親しい友人たちを呼んで「二次会」をおこなう予定、というカップルも少なくありません。気心の知れた友人たちとカジュアルに楽しめる二次会は、結婚式とは違った良さがありますよね。そんな結婚式の二次会に欠かせないのが、「幹事」の存在です。

二次会の幹事は、当日に向けて会場決めや当日の司会進行など、さまざまな仕事を担う存在。二次会を成功させるためにも誰にお願いするのか、というのがとても重要になります。そこで今回は、二次会の幹事を誰に依頼するのか、ということに注目してご紹介していきます。二次会の幹事選びに迷っているカップルは、参考にしてくださいね!

 

誰に結婚式の二次会を依頼する?


二次会の幹事を依頼する場合、準備の負担を分散させるためにも、複数人にお願いするのが一般的。2~4名程度に依頼している先輩カップルが多いです。

どんな人に依頼する場合でも「信頼できる人」「盛り上げ上手な人」など、ふたりが頼れる人を幹事として選びたいですね。さっそく、先輩カップルを例にどんな人に依頼すればいいのか見ていきましょう。

 

親しい友人に幹事を依頼

先輩カップルの例で多いのが、二次会の幹事を友人にお願いしたというケース。ふたりの希望を言いやすい、気心の知れた友人はお願いしやすいようですね。友人の内訳を見てみると、「新郎の友人」「新婦の友人」「共通の友人」などさまざま。共通の友人であれば、新郎新婦両方の好みを把握しているのが大きなメリットになってきます。

友人に依頼するケースでは、新郎(新婦)の友人だけに幹事をお願いしたという場合もあれば、新郎の友人2名と新婦の友人2名にお願いしたという場合もあります。どちらか一方の友人にのみにお願いする場合は、友人でない側の意見を反映させることも忘れずに。

また、友人にお願いする場合は、どこまで幹事の仕事を依頼するのか取り決めておくことも大切。丸投げという状態は、友人たちも困ってしまいます。

 

会社の同僚や後輩にお願い

会社の同僚や後輩に二次会の幹事をお願いするというケースもあります。会社の同僚や後輩の場合、仕事で毎日顔を合わせる仲なので、打ち合わせがしやすいのがメリット。職場結婚で、お互い同じ会社で働いている場合などにおすすめです。

友人に依頼するときと同様に、仕事内容を明確にするのがポイント。最初の段階で決めておかないと、ギリギリになって困ってしまうこともあります。

 

自分たちでゲストをおもてなし

なかには、新郎新婦が幹事となってゲストをおもてなしするという場合も。二次会をお願いした友人や知人にはどうしても負担がかかってしまうため、ふたりで準備をしたいと考えるカップルも少なくありません。

この場合、結婚式と一緒に準備を進めるため、新郎新婦が結婚式までにやることが増えてしまう点には注意が必要でしょう。とはいえ、自分たちでイチから会場や演出を決めることができるので、ふたりの納得のいく形になるのは大きなメリットです。ふたりで協力し、計画的に準備を進めていきましょう。

 

二次会代行業者に頼む

最近では、友人や新郎新婦に代わり、二次会の準備を進めてくれる、二次会代行業者に幹事をお願いするというカップルも。「友人や知人が近場に住んでいない」「友人たちに負担をかけたくない」「結婚式の準備に集中したい」など、さまざまな理由から二次会代行業者に依頼をしているようです。

業者にお願いすることになるので、お金の負担は増えますが、その分クオリティの高い進行などが期待できるのはひとつのメリットでしょう。さまざまな二次会代行業者が登場しているので、どこが自分たちの理想を叶えてくれるのかしっかりと吟味してくださいね。

 

「TOMODACHIウェディングパーティー」という手も

家族挙式が提案する、「TOMODACHIウェディングパーティー」プランを利用するのもおすすめ。家族で会食をした場所で、そのまま友人や知人向けのカジュアルなパーティーができるプランです。

披露宴よりもカジュアルだけど、二次会よりもオシャレなパーティーを開きたいカップルにピッタリ。プラン料金は下記の通りで、参加人数によって異なります。料理や飲み物、衣装、司会者などパーティーに必要なものがそろっていますよ。

  • <プラン料金>
  • 20名以下……99,000円+12,000円×人数
  • 21名以上……99,000円+10,000円×人数

「TOMODACHIウェディングパーティー」では、ウェディングプロデューサーがサポートしてくれるので、どんな演出をすればいいのかわからないというカップルも安心。料理のグレードアップや映像演出のオプションもあり、ふたりらしいおもてなしができますよ。

 

新郎新婦にとってベストな幹事選びを!


誰に幹事を依頼するのがベストなのかは、カップルによって異なります。友人に依頼するのが良い場合もあれば、自分たちで進めるのが良い場合も。どんな二次会にしたいのか、二次会の予算はどれぐらいなのかなどを考えた上で、誰に二次会をお願いするのか決めていきましょう。