スタイルいろいろ家族挙式

  • 前撮り写真
  • 会費制パーティ
  • 結婚写真+食事会
  • 神社挙式
  • ハワイ挙式
わたしたちが家族と呼べる人と。家族挙式

東京・名古屋・大阪・仙台・広島・九州。
97,200円で叶う結婚式場 家族挙式

結婚式の二次会!幹事にはどんな仕事があるの?



結婚式二次会の準備をおこなう「幹事」。新郎新婦主導で二次会を進める場合もありますが、友人や会社の同僚などに幹事を依頼する場合も多いです。そのため、幹事が新郎新婦と連携を取りながら、しっかりと準備を進めることが、二次会を成功させるカギになります。

しかし、なかにはどんな仕事をすればいいのか(お願いすればいいのか)、よくわかっていない幹事を依頼されたゲストや新郎新婦もいるでしょう。そこで今回は、結婚式の二次会で幹事が担当する仕事にスポットを当てて、その内容を詳しくご紹介していきます。

 

結婚式の二次会で、幹事が担当する仕事とは?


結婚式の二次会で幹事がおこなう仕事は、会場を決めたり、当日の演出を考えたりとさまざま。新郎新婦から幹事をお願いされた人は、二次会直前になって慌てないためにも、どんな仕事があるのか把握をして、早めに準備を進めていくことが大切になります。

 

【幹事の仕事】二次会のイメージや予算を打ち合わせ

新郎新婦と幹事が二次会のイメージを擦り合わせるためにも、打ち合わせの場をもうけるようにしましょう。その際、のちのちトラブルにならないように、新郎新婦がイメージしている二次会のスタイルや予算の上限、会費の想定などを、しっかりと話し合っておくことが大切です。

  • <打ち合わせで話し合いたい項目>
  • 二次会のイメージ
  • 二次会に招待する人数
  • 会費や予算
  • 二次会当日にしたい演出

幹事の仕事のなかには、新郎新婦との連携が欠かせない部分も多いです。そのため、打ち合わせのときにそれぞれの担当分野も明確にしておくと、スムーズに準備を進めやすいですよ。

 

【幹事の仕事】二次会をおこなう会場を探す

二次会のイメージや予算、会費などが決まったら、いよいよ会場探しを始めます。結婚式の二次会は、レストランやホテル、居酒屋などさまざまな場所でできるので、新郎新婦の希望にそった会場を選びましょう。

その際、収容人数はもちろんですが、料理やドリンク、演出に使える備品、貸し切り可能かどうかなども細かくチェック! 二次会から参加するゲストがいる場合は、立地を確認するときに披露宴会場と公共交通機関、それぞれからの距離を確認しておきます。人気の会場は予約が埋まってしまうこともあるので、二次会の3~4か月前を目安に動き出すのがおすすめです。

 

【幹事の仕事】二次会に参加するゲストを把握

会場が決まったら、二次会に参加するゲストを把握するために、招待状を出して出欠の確認を取ります。この際、新郎新婦と幹事のどちらが招待状を出すのか取り決めておきましょう。

また、幹事と面識のないゲストの出欠を幹事が取る場合は、新郎新婦が幹事に連絡先を教えて良いかそのゲストにあらかじめ確認を取るなど、配慮を忘れずに。

招待状は、メールやLINE、ハガキのほか、結婚式の招待状と一緒に送るのもおすすめ。文面は、日時や場所、費用など必要なことが簡潔に伝わることを意識しましょう。

 

【幹事の仕事】二次会当日のスケジュール&演出を考える

会場が決まったら、結婚式二次会の当日にどんな演出をおこなうかを決めていきます。演出によっては、音響やプロジェクターなどの設備が必要になることもあるでしょう。必要に応じて会場に機材がそろっているか確認を取るようにしてください。

結婚式の二次会では、ビンゴやクイズのほか、ゲストや新郎新婦へのサプライズなども盛り上がる演出です。新郎新婦の意向なども確認しながら、当日のスケジュールを決めていきたいですね。ほかのゲストに余興をお願いする場合は、早めに連絡をしておく点も注意です。

 

【幹事の仕事】二次会当日の進行

二次会当日の幹事は、受付をしたり、司会進行をしたりと大忙し。幹事が複数名いる場合は、あらかじめ誰が何を担当するのか決めておきましょう。幹事だけでは手が足りないときは当日のサポートをゲストにお願いしておくのもおすすめです。

  • <当日の仕事内容>
  • 会場準備……二次会の開始前に会場に行き、準備
  • 受付……ゲストから会費をもらう
  • 司会進行……会場の雰囲気を盛り上げながら、司会進行をする
  • 演出……事前に決めたスケジュールに沿って、余興やサプライズなどを実施
  • 会計……お店で精算
  • 会場の片づけ……全てのプログラムが終わったら、会場を片づけて解散

また、当日は新郎新婦の会場入りが遅れたり、スケジュールが押してしまったりすることも考えられます。時間内に収まるように、タイムマネジメントをしっかりとするのも幹事の大切な仕事です。

 

早めの準備で結婚式の二次会を成功させよう!


結婚式二次会の幹事は、演出の準備や会場を探す関係上、結婚式の3~4か月前から動き出すことになります。新郎新婦はできるだけ早めに依頼を、幹事をお願いされたゲストは早めに準備を始めるようにしましょう。

今回ご紹介した幹事の仕事は、どれも結婚式の二次会に欠かせないものです。当日に向けて新郎新婦と連携を取りながら、しっかりと準備を進めていきましょう!