スタイルいろいろ家族挙式

  • 前撮り写真
  • 会費制パーティ
  • 結婚写真+食事会
  • 神社挙式
  • ハワイ挙式
わたしたちが家族と呼べる人と。家族挙式

東京・名古屋・大阪・仙台・広島・九州。
97,200円で叶う結婚式場 家族挙式

結婚式の2次会を盛り上げたい!おすすめ演出例5選



厳かな挙式、たくさんのゲストに祝ってもらえる披露宴が終わったら、仲の良い友人で集まる2次会を行うカップルも多いのではないでしょうか? プランナーの力を借りず、新郎新婦や幹事だけで企画する2次会は、演出の自由度も高いだけに、何をすればいいか悩みがち。

そこで今回は、結婚式の2次会を盛り上げる演出を5つご紹介します。それぞれの演出のポイントや注意したい点も併せて解説しますので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

 

そもそも演出は必須?2次会のテーマやスタイルなど方向性を決めよう


2次会に余興などの演出は必須でしょうか?実は演出は必須ではなく、何も行わなくてもOK。普通の飲み会のようにただワイワイ歓談するだけでも楽しめます。新郎新婦はゲストと交流できますし、ゲスト同士も久々に会うメンバーと積もる話もあるでしょう。

大切なのは「どういう2次会にしたいか?」ということです。

皆がたくさんおしゃべりできるようなアットホームな雰囲気にする、一人参加の方が多ければグループで交流できるような機会を作る、みんなで盛り上がるイベントを盛り込む…などなど、方向性を最初に決めておくのがオススメです。

 

景品も用意して大盛り上がり!ゲーム系の演出


ここからは、具体的な演出例をご紹介します。まずは全体の一体感が生まれやすく、盛り上がるゲーム系。

 

ゲーム系の定番ビンゴゲーム

2次会のイベントといえばビンゴを思い浮かべる人は多いのではないでしょうか。市販のビンゴカードを使ってもいいですし、例えば2次会参加者の名前をカードに書いてビンゴする「お名前ビンゴ」などもオススメです。会話のきっかけも生まれ、ゲスト同士の交流も深まりますよ。

注意点としては予算が高くなってしまうこと。テーマパークのチケットや高級食材などを景品にすることが多いので、どうしても3万〜10万程度かかることが想定されます。とはいえ少額ギフトでは盛り上がりませんので、ビンゴを取り入れる方はある程度金額の負担があることを理解しておきましょう。

 

新郎新婦に関するクイズゲーム

なれそめや生い立ち、お互いの好きなところ…など、新郎新婦にまつわるクイズを参加者に回答してもらうクイズゲームも全体が盛り上がるのでオススメです。結婚式の2次会でしかできない、とてもハッピーな演出ですよね。

披露宴中や2次会でゲームを行う前にムービーを流してヒントを散りばめておくなど、他の演出と絡めて行うこともできます。グループ対抗にすれば、一人参加の方も楽しめますよ。

景品についてですが、このゲームは正解者が多い可能性もあり、高額景品を狙って…という趣旨ではないので、1,000円程度のプチギフトをたくさん準備しておくと予算の負担も少なくて済むでしょう。

 

笑いや感動いっぱい!セレモニー系・出し物系の演出


次はゲームではなく、セレモニーや出し物などの演出アイディアをご紹介します。

 

意外な人物からのサプライズレター

披露宴の定番として新婦からの手紙がありますが、2次会では他の方による手紙サプライズはいかがでしょうか? 例えば新郎から新婦、新郎新婦のご両親から、恩師からなど、どのような手紙でももらったらとても嬉しいはず。また、紙の手紙ではなくビデオレターもオススメです。

サプライズイベントは新郎新婦以外の方が手配する必要があるので、幹事の方は時間調整や事前準備が負担になるかもしれません。2次会のタイムテーブルに余裕を持たせ、サプライズをする時間が作れるようにしておくことが大切です。

 

友人一同からの余興ムービー

披露宴で余興をしていない、そもそも友人を披露宴に招待していないといった場合は2次会で余興を行うと盛り上がるでしょう。さまざまな出し物がありますが、余興ムービーは特におすすめです。

余興をその場でやりたくても、2次会によく使われるレストランやダイニングバーなどはスペースが十分でなかったり、準備に控え室などが必要であったりと、キャパシティの面で難しいことがあるためです。ムービーであれば、スペースを取らないだけでなく、製作者も含めてみんなで盛り上がれますよ。

余興ムービーを行う場合は、会場にプロジェクターや音響設備があるか、また有料か無料かなどの確認を忘れないようにしてくださいね。

 

バンド演奏や楽器演奏

2次会会場にミニステージなどのスペースがある場合は、バンド演奏や楽器演奏などの演出も盛り上がります。特に新郎新婦が音楽つながりで出会っていたり、バンドなどをやっていたりするという場合には、サプライズで飛び入り参加してもらうのもいいかもしれません。

音楽演奏を盛り込む場合は、事前に音響設備の有無や楽器演奏の可否を確認しておく必要があります。日常的にミニライブなどを行っているお店を選ぶのもポイントです。

 

参加者全員が楽しめる素敵な2次会を!


オススメの2次会演出を5つご紹介しました。その他にもデザートビュッフェやシャンパンタワーのような華やかさと美味しさを楽しめる演出や、マジシャン・芸能人・芸人などを呼んでの演出など、さまざまなアイディアがあると思います。

演出を考え企画するのは楽しいもの。自由度が高いからこそ、全員が楽しめる、新郎新婦らしい素敵な2次会にしてくださいね。

 
2次会の演出に悩んだら、家族挙式「TOMODACHIウエディングパーティー」もオススメ。TOMODACHIウエディングパーティーでは、2次会よりもフォーマルですが披露宴よりもカジュアルなパーティが楽しめます。家族・親族挙式の終了後、会場を移動せずにご友人・知人との気軽なパーティを行えるところもポイント。

ウエディングプロデューサーがサポートしてくれるので、演出の企画・運営の負担軽減にもつながりますよ。また、さまざまなグレードアッププランも用意されているので、新郎新婦のイメージや希望にぴったりのパーティがかなうはずです。ぜひ検討してみてくださいね。