スタイルいろいろ家族挙式

  • 前撮り写真
  • 会費制パーティ
  • 結婚写真+食事会
  • 神社挙式
  • ハワイ挙式
わたしたちが家族と呼べる人と。家族挙式

東京・名古屋・大阪・仙台・広島・九州。
97,200円で叶う結婚式場 家族挙式はベストブライダル

結婚式のビデオ撮影、依頼するメリットとは


9406d71785c65f72a670f5bc1c0b1f41_m

結婚式当日、新郎新婦のスケジュールはとても忙しく、目まぐるしく変わる演出をこなしているだけであっという間に式が終わってしまうものです。
そのため、後でゆっくりと式の様子を写真やビデオで見たい、式の思い出をその場限りにせず、ずっと残しておきたいという人も多いでしょう。

そこで、ほとんどの結婚式会場には専属のカメラマンスタッフがおり、あなたたちの式をしっかりと撮ってくれます。普段、撮影されるという機会はなかなかないので、モデルになった気分でプロに撮ってもらうのも貴重な機会ですね。

しかし、ビデオ撮影を依頼するとなるとお金がかかります。
その金額は会場やプランによって様々ですが、平均しても約数十万はしてしまいます。また、カップルによっては写真ならまだ良いけれど、ビデオは照れくさくて後から見ることも少ないという意見もあります。

そんなネガティブな面もありますが、ここでは結婚式のビデオ撮影を依頼するメリットについて考えていきましょう。

 

どんなプランがあるの?

結婚式会場によって、ビデオ撮影のプランは様々です。
例えば、挙式のみまたは披露宴のみ撮影のプラン、挙式から披露宴まで全体を撮影するプラン、写真とセットのプランなど、お好みのプランが必ず見つかるように組まれています。

ここではその代表的なプランをご紹介します。

 

挙式を撮影して披露宴で流すプラン

挙式の様子をビデオ撮影してもらい、それを即座に編集して披露宴で流すというパターンは、披露宴のみ参加のゲストや、二次会でも使用できて人気のプランです。

専属カメラマンだと、新郎新婦の間近から撮影してくれますし、参列者たちも映してくれますので、式に参列した方たちにも嬉しいサプライズとなります。

私自身は結婚式で、挙式のみ撮影をして頂き、それを編集してエンドロールに流すというプランをお願いしました。エンドロール用に編集されているので、音声はなくバックミュージックが流れているビデオですが、それをDVDにしたものを後日頂けてとても嬉しく良い思い出になっています。

 

挙式から披露宴まで全て撮影プラン

せっかくビデオに収めるのなら派、結婚式から披露宴までの一部始終を撮影してもらえるプランもおススメです。

一世一代の晴れ姿を余すところなくカメラに収めたいという方はもちろん、ゲストをたくさん映してもらいたいカップルにもおススメです。

結婚式はもちろん、披露宴の間は、新郎新婦からゲストの様子が分かりにくいものです。
そこで、プロのカメラマンに各テーブルを回ってもらってゲストが楽しんでいる様子を映してもらったりすると、後から見るたびに「こんなにたくさんのゲストに祝福されたんだなぁ」と余韻に浸ることができるでしょう。

 

挙式前後に撮影プラン

結婚式当日は、慌ただしく過ぎていきますので、写真は前撮りや後撮りをする方も増えています。結婚式でウエディングドレスを着る代わりに、前撮りや後撮りで和装を着ることもできて楽しいですね。

そして、結婚式のメイキング映像のようにビデオを撮影するのもおススメです。
例えば、式場でいろいろ相談している二人の真剣な姿、ゲスト一人一人にメッセージをしたためている姿などを撮影しておき、披露宴の途中で流すとゲストにも喜ばれることでしょう。

これらのプランは、実際に結婚式会場に出向いてプランナーさんに直接話を伺うほうが分かりやすいものですので、積極的に聞いてみましょう。

特に、各結婚式場が開催しているウェディングフェアなどに参加をするとビデオ担当会社の方と話ができる機会が設けられていますし、ダビング無料の特典がありお互いの両親用にもDVDを作ってもらえるプランなどが用意されています。

自分たちが見返したいのはもちろんですが、ご両親にとっても自分の子供の幸せな姿は時折見返したくなるものです。
そのため、ダビングしてもらえるプランはご両親のためにも嬉しいものですね。

このように、参加者の特典がある場合が多いので積極的に情報収集すると良いでしょう。

 

誰に撮ってもらうの

ビデオ撮影を依頼するとなると基本的には会場のカメラマンが担当しますが、フリーで結婚式専門に撮影をしているカメラマンに個人的に依頼するという場合もあります。

会場によりますが、外部のカメラマンはNGという規定もありますので、まずはプランナーさんに確認をしましょう。

会場のカメラマンは、会場の設備や撮影ポイントも熟知していますのでとてもきれいに全体を映してくれます。また、結婚式までの間主にあなたたちを担当してくれるプランナーさんを通して、参加者一人一人の表情を映してほしいとか、ケーキカットは絶対にはずさないで欲しいなどといった要望をカメラマンまで伝えることができるのもメリットのひとつです。

外部委託の場合は、自分好みの撮影スタイルのカメラマンを選べることができる点、そして個別に撮影の方法や要望を話し合うことができることで、よりオリジナリティのあるビデオを作成することができるでしょう。セット料金になっている式場専属カメラマンのプランに比べて、料金の交渉もしやすいという良さもあります。

 

プロによるビデオ撮影のメリットとは

現在では、手軽にビデオもとれますし、性能の良いカメラもごまんとありますので、親族や知り合いに撮影をお願いすることもできます。

ただ、そうすることでお願いされた方は式や披露宴を十分に楽しめませんし、失敗したらどうしようといったプレッシャーも抱えます。
つい、撮影が自分の知り合いや話しかけやすいゲストに偏ったりもしてしまいます。

そのため、撮影が得意!自分でやりたい!という方が身近にいる場合を除いては、プロにお願いする方が無難でしょう。

プロに撮影してもらうことで結婚式の特別なシーンがより輝き、思い出として残ります。

新郎新婦にとって、結婚式当日は本当にあっという間に過ぎていきますので、後からビデオで見直してゆっくりと当日の幸せな時間を共有できるのが良いですよね。
そのために、きれいに編集されたビデオであると何度も見返しやすいですね。

他にも、色々な都合で親族のみや少人数で結婚式を挙げるカップルは、後から式に招待できなかった友人や親族にビデオを見てもらったりできるのもメリットですね。

 

まとめ

いかがでしたか。

今回は、結婚式のビデオ撮影のメリットについて考えてきました。写真に比べてビデオは恥ずかしい!と思う方も多いものですが、やはり一生に一度のことです。

一生に一度の晴れの姿を美しく感動的に残せるチャンスですので、迷っているならぜひ取ってもらっておいた方が良いでしょう。

後から「やっぱり撮影してもらえればよかった」と思ってしまうことがないようにしましょう。

誰にとっても結婚式は大きな買い物です。そのため、実際に結婚式の準備を進めだすと何でもかんでも自分たちの思い通りにできる方は少なく、二人で優先するべきところ、妥協すべきところを一つ一つ考えていかなければいけません。

ビデオ撮影もその選択肢に入るものですが、個人的な意見としては、料金面やプランを調整しながら少しでも撮影が依頼できるようにしていただきたいものです。

お二人の素敵な結婚式、そして美しい晴れ姿を形に残し、いつでも楽しめるようにしてくださいね。