スタイルいろいろ家族挙式

  • 前撮り写真
  • 会費制パーティ
  • 結婚写真+食事会
  • 神社挙式
  • ハワイ挙式
わたしたちが家族と呼べる人と。家族挙式

東京・名古屋・大阪・仙台・広島・九州。
97,200円で叶う結婚式場 家族挙式はベストブライダル

遠方ゲストへのお車代、相場と渡し方


9f9e802bbacedbb324f22abb3e765115_m

自分たちの結婚式には、親族や友人など、お世話になった方々をお招きしたいですよね。でも、すべての方たちが結婚式場から近い場所に住んでいるとは限りません。

遠方から来てもらう場合、ただでご祝儀などでゲストの方々には負担をかけるのに、飛行機代や新幹線代などの交通費や宿泊代までかけてきてもらうのは気が引ける…と誰もが思いますよね。

そんな時のために「お車代」を用意するのが一般的です。

しかしこの「お車代」。初めての体験だと、いくらぐらい渡すものか、また渡すタイミングはいつなのか、そして包み方や書き方はどうするのか、わからないことが盛りだくさんです。

自分たちが知らないだけで、マナーもありそうですし、意外と頭を悩ます問題ですね!

ここでは、遠方からのゲストへの「お車代」の相場と渡し方についてご紹介します。

 

遠方ゲストへの「お車代」の相場

まず、結婚式のご祝儀では「偶数の金額はNG」とういう言葉をよく耳にしますが、「お車代」はどうでしょう。

ご祝儀で「割り切れる」お札の枚数(2万円とか4万円とか)を避けるのは、「割り切れる」ことが二人の別れをイメージさせるために避けるゲストから新郎新婦への配慮ですので、新郎新婦から渡す分「お車代」にその縁起を担ぐ必要はありません。

では、どのくらいが良いかというと、大体以下のようになります。

・「実際の交通費の半額~全額」でキリの良い金額
・親戚一同など、多数のゲストが来る場合は「1人〇万円✕人数」として、まとめて渡す
・航空券などを購入し、送っておく(この場合は「お車代」を用意する必要はありません)

最近では友人たちには交通費の半額を渡すことも多く、親戚関係も今後の付き合いを考えて多く包みすぎないようにすることが増えていますので、気にしすぎないようにしましょう。

 

「お車代」の包み方

大体の金額が分かったら、今度は包み方が気になるところです。ただの封筒に入れればいいのか、専用の袋があるのか、どうすればいいかわからないものですね。
実は、お車代を包むのは金額によって変わってきます。以下を参考にしてくださいね。

 

◎お車代を包む袋の種類

・1万円以下:「ポチ袋サイズ」の封筒(お札を折って入れるサイズ)
・1万円以上:「通常サイズ」の封筒(お札をそのまま入れられるサイズ)
・5万円以上:「通常サイズで水引きがかけられているものなど」(印刷の水引きではないものが望ましい)

と、金額によって袋を分けるようにしましょう。

 

◎水引きについて

「水引き」は、ご祝儀袋にかける「和風のリボンのようなもの」です。ただし、単なる飾りではなく、水引にはそれぞれ意味があります。ご婚礼の場では「末永くおつき合いする」ことを願って「結び切り」の水引を使います。

他にも、両端を持って引っ張るとさらに強く結ばれる、結びきりの「あわじ結び」の水引もよく使われます。
対して、蝶結びなどは「何度あっても喜ばしい御祝いごと」に用いるための水引なので、結婚式ではなく、出産の御祝いごとなどに使われます。

 

◎表書きの書き方

お車代の封筒の表にはどのように書けばよいのでしょう。以下の点に注意して書くようにしましょう。

・「お車代」「御車代」「御車料」などを封筒の真ん中に書きます。(あらかじめ印刷されているものも多くあります)
・表書きの下には「両家名」を、新郎家名が右側、新婦家名を左側に記します。
出来れば筆ペンなど、毛筆体で書くのが望ましいとされています。

しっかりと「お車代」であることと、名前が記されていれば問題ありません。

 

◎紙幣は「新札」を用意

封筒に入れるお札は、折る場合もそうでない場合も「新札」を用意するようにしましょう。
新札を用意する理由は、「これはあなたのために準備したお金です」という気持ちを表すためです。
こだわらない人もいるかもしれませんが、こういったところで気持ちを伝えることができますので、できるだけ細部にもこだわりましょう。

 

 

「お車代」の渡し方

丹念に準備をした「お車代」。実際に渡すときはどのように渡すのが良いのでしょうか。
「お車代」の渡し方には、大きく分けて2通りあります。
いずれにしても、目立たないようにこっそりと渡してもらうようにして下さい。

また、先方が一度は辞退するようなこともあるかもしれません。しかし、「二人からの気持ちですので」と、丁重に伝え、必ず相手に渡してもらうように伝えておくと良いでしょう。(渡せないと、後日、別に品物をお送りしたりすることになり、結局二度手間になります。)

2通りの渡し方は以下のようになります。

 

受付をお願いしている人から渡してもらう場合

そのゲストが到着し、記帳を済ませたら「お二人からお預かりしています」と言って、そっと渡してもらうようします。
ご祝儀を受け取ったその場でさっと渡せるので、違和感もないですし渡す側にとっても名前をしっかりと確認したうえで渡せる絶好のタイミングです。

こちらはどちらかというと友人などに「お車代」を渡す際によく使われる手法です。

 

親から渡してもらう方法

特に、相手が上司、恩師、親族など、両親が面識のある相手だったり、新郎新婦がお世話になった(ている)相手だったりするの場合は、両親から渡してもらうほうが良いでしょう。
披露宴の間、親は各テーブルを回って挨拶をしていくものです。そのタイミングでご祝儀も渡してもらうとスマートです。

両親にお願いして渡してもらう場合は両家で重なってしまうことがないように、あらかじめリストを作っておきどちら側から渡すかを打合せしておくと良いでしょう。

基本的には、新婦の上司には新婦側の両親が渡すなど、そのゲストをご招待した側から渡すのがわかりやすくていいでしょう。

 

まとめ

いかがでしたか。

今回は、遠方からのゲストを呼ぶ際には避けては通れない、お車代の相場や渡し方をご紹介しました。

その他、間柄によっては「交通費の代わりにご祝儀は辞退」という方法もあります。どのみち同じような金額を渡しあうのであれば、相殺してしまおうということです。
勝手にそうしてしまうと失礼に当たりますので、気の置けない間柄の方に対しては相談してみても良いでしょう。

確かに、ゲストの方々にとってみればご祝儀のほかに交通費や宿泊代がかかるのは大きな出費です。ただ、皆さんあなたたちの結婚を祝福したくて来ているわけですから、そもそもお車代をあてにはしていないはずです。

とは言え、お車代をあげないとマナーを知らない新郎新婦だと思われてしまいますし、今後の関係性に影響も出かねません。そして何よりも、せっかく駆けつけてくれるゲストの方々にとって大変失礼にあたります。

そのため、今回ご紹介した目安や渡し方に気を付けて、スマートにお渡しするようにしましょう。

相手を思うが故のことではあっても、ご祝儀より大きな金額のお車代をお返しするなどの過度な負担はかえって気を遣わせてしまいます。

また、お車代を考えて「出費が増えるから遠方のゲストは呼ばないでおこう」などということにはならないようにしてくださいね。
あくまでお車代は二人からの気持ちです。目安はありますが、お二人にとっても無理のない範囲での誠意で大丈夫です。

そしてお車代以上に忘れないでいただきたいのは、当日、「遠いところを本当にありがとう」というお礼の言葉を伝えることです。
当日はバタバタしてなかなか各ゲストと話すこともできませんが、必ず忘れずに伝えてあげて下さいね。