スタイルいろいろ家族挙式

  • 前撮り写真
  • 会費制パーティ
  • 結婚写真+食事会
  • 神社挙式
  • ハワイ挙式
わたしたちが家族と呼べる人と。家族挙式

東京・名古屋・大阪・仙台・広島・九州。
97,200円で叶う結婚式場 家族挙式はベストブライダル

正式な結納と略式結納の違いを知って!両家に合ったスタイルを選ぼう


正式な結納と略式結納の違いを知って!両家に合ったスタイルを選ぼう (Unicode エンコードの競合)

「愛する人とついに結婚が決まった!」「いずれ結婚する予定がある」というカップルの方、どんな結婚式を行うかイメージが湧いてきていますでしょうか。結婚式一つをとっても、チャペルウエディングや神前式と言った王道のものから、人前式や二人だけの挙式など、様々なスタイルが確立されています。

それでは、その前段階にある「結納」についてはどうでしょうか。伝統的でありながら現代ではやや仰々しくも感じられ、イメージの付きにくい結納ですが、「結婚をするなら、きちんと結納まで行いたい」という新婚カップルの皆さんも、少なくありません。

一生に一度の結婚ですし、結婚とは両家のつながりをとても大切にするイベントです。ですから、昔から伝わる儀式を大切にして、きちんとこなしていくことも重要なのです。

とは言え、そんな結納にもいくつかの種類があるってご存知ですか?大まかに分けて、正式な結納と、流れを簡単にした略式結納とがあるのです。

そこで今回は、「正式な結納」と「略式結納」の違いについて詳しくご紹介していきます。違いを知ることで、どちらがより自分達に合ったスタイルなのかを選ぶことが出来ます。

これからご結婚のご予定がある皆さん、きちんと知っておきましょう!

 

知っている!?正式結納は両家の顔合わせはありません!

タイトルを見て、中にはびっくりした方もいるでしょう。

実は、正式な結納は仲人さんを立ててお互いの家を行き来してもらうので、両家が顔を合わせることはありません

しかしながら「じゃぁ、全然面倒じゃないし正式結納やってもいいかな?」と安易に考えてはいけません。

正式な結納の場合は、仲人さんが両家を行き来してさまざまな儀式を行うことになるので、正直大きな負担がかかってしまいます。

ですから、お互いの実家が遠方の場合は仲人さんの負担を考えて、正式な結納を本当にすべきなのか考えた方が良いでしょう。

また、正式な結納をする際には、仲人さんにお礼代を支払うのがマナーです。いくら親しい間柄とはいえ、仲人さんには感謝の気持ちと敬意を払いましょう。

 

正式な結納の流れをご紹介

正式な結納を執り行う方々が、昔に比べて確実に減ってきたのは事実です。けれども、両家のつながりをしっかり意識して婚姻の契りを交わす場合には、重要視すべき儀式でもあります。

ですから参考までに、正式な結納の流れについてしっかり把握していきましょう。


1.新郎・新婦はご両親と相談の上で、仲人をお願い出来る方を見つけましょう。
2.仲人はまず男性のお宅を訪問し、口上を述べ男性側から結納品を預かり退出します。
3.次に女性のお宅を訪問し、口上を述べて男性側から預かってきた結納品を渡します。その後、女性側から受け取った証である受書と結納品を預かって退出します。
4.仲人は男性のお宅に戻り、口上を述べて女性側から受け取った受書と結納品を男性側へ渡し、今後は男性側から受書を受け取って退出します。
5.仲人は再び女性宅へ戻り、口上を述べてから男性側からの受書を渡します。
6.女性側は受書を受け取った後、仲人をもてなし、お礼金を渡します。

ざっと、このような流れになります。仲人の負担が大きそうだなということが見て取れますね。

仲人をお願いする方は、親しい間柄であったり、気の置けない関係だったりすることもありますが、それでもこれだけ労力のかかる役をお願いするわけですから、仲人をお願いする場合は、このような手間がかかることをしっかりと把握しておくようにしましょうね。

 

正式結納をしたカップルの感想は

参考までに、正式な結納をしたカップルに感想を聞いてみました。皆さん、実際にやってみてどうだったのでしょうか?

  • 1つ1つの手順を追っていくごとに、自分は結婚するのだという気持ちが高まってきた。
  • 2人を結び付けてくれたご夫婦に仲人をお願いしたので、思い出深かった。
  • 周りの友達があまりやっていなかったからこそ、特別感が増した。
  • 結構、結納品の準備が面倒だった・・・。
  • 結納をきちんとして良かった。
  • 最後の振袖を着ることが出来て良かった。
  • 両親がとても喜んでいたので、正式な結納をして大正解だった。

手間がかかる分、大変だったなと感じる一方で、やはり一つ一つしっかり執り行うことで結婚に対する重みや実感が湧いてきて、結果的にやってよかったという感想がみられますね。

特に親世代にとってみると、息子が嫁を貰う、娘が嫁ぐ、という区切りがはっきりして、感動もひとしおなのではないでしょうか。

 

略式結納とは?

略式結納とは正式な結納とは違って、やや儀式を簡略化したものです。こちらは仲人を立てる場合と立てない場合があり、立てない場合は新郎の父が代役を務めます。

正式な結納との最大の違いは、仲人がお互いの自宅を行き来して、結納品の受け渡しをしないところです。

略式結納の場合は、新婦の自宅かホテルなどに両家が集い、結納の儀式を進めていくものです。

最近では結納の儀式を行う多くのカップルが、こちらの略式結納を選んでいると思います。

もちろん略式結納の方が、正式な結納に比べて金銭的にも抑えられます。参考までに、略式結納の流れについて簡単にご説明しますね。

 

略式結納の流れをご紹介

それでは、こちらの項目では略式結納の流れをご紹介していきます。もちろん、正式な結納に比べてやや簡略化されていますので、こちらの方が気軽に出来るでしょう。


1.結納をする場所を決めます。(新婦の自宅、ホテル、料亭など)
2.まずは結納品を会場に飾ります。料亭など和室で行う場合は床の間やその前に飾り、洋室で行う場合はテーブルの上に飾ります。
3.まずは男性側が入室し、向かって右側に着席、続いて女性側が入室して向かって左に着席します。
4.仲人がいる場合は仲人が進行役を務め、仲人を立てない場合は男性側の親が一般的には進行役を務めます。まずは男性側の新郎、そして親が挨拶をし、略式結納がスタートします。

5.男性側の父親が儀式を始める挨拶の口上をします。その後、男性側から女性側に結納品を納め、口上を述べます。
6.女性側は結納品を受け取ったら、女性側全員で目録を確認し、口上を述べて受書を渡します。
7.次に女性側から男性側に結納品を納めます。男性側も皆で目録を確認した後、口上を述べて受書を渡します。
8.双方の結納品を受け取ったあと、婚約指輪や時計など、婚約の記念品があればここで披露します。
9.その後、男性の側の父親が結びの挨拶をして終了となります。

以上、このような流れで略式結納は進んでいきます。正式な結納に比べて、だいぶ流れが簡素化されていることが分かるでしょう。
所要時間も20~30分程度ですので、一般的にはその後、両家でのお食事会へと移ります。

 

略式結納をしたカップルの感想は

実際に略式結納をしたカップルの感想や、略式にした理由などをまとめてみました。

  • あまり堅苦しいものや仰々しいものはしたくなかったので略式にした。
  • 形式ばったものは好みではなかったので、食事会を兼ねた簡単なものにした。
  • お互いが地方出身で、作法に違いもありそうなので無難に略式にした。
  • 仲人も立てなかったし面倒だったので。
  • お金も手間もかかるので略式にした。楽だった。
  • 両家とも格式ばった家柄でもないので簡単に済ませた。

両家がともに、堅苦しいものを好まない場合や、遠方に住んでいて時間や手間をあまりかけられない場合などに略式結納がよく選ばれているようですね。
金銭面でも、手間の面でも正式結納に比べて負担が少ないながらも、一応「結納」という区切りの形を取れたということで、満足度の高い結果となっています。

 

実際はどちらの方が多く執り行われているの

実際に、正式結納と略式結納のどちらを執り行ったカップルが多いのでしょうか。
今ではおよそ7割が略式結納、3割が正式結納を行ったというデータがあります。
(参照URLはこちら

本人たちの意思はもちろん、結婚は両家のつながりも十分に意識しなければいけませんので、両家の考えを取り入れて、皆が満足のいくスタイルで行えるのが理想的ですね。

 

スタイルの違いを理解した上で、両家で結納について話し合おう

結納は両家で執り行うものなので、どのようなスタイルにするかをきちんと話し合って決めていきましょう

結納品を準備するにあたっての手間や、結納の費用、仲人の問題など色々と出てきますので、後で揉め事が起きないように事前にきちんと意見を交わしておくのが賢明です。

 

いかがでしたか?

以上、今回は正式な結納と略式結納について詳しくご紹介しました。

結納の流れを比べれば、違いは一目瞭然だったことでしょう!仲人を立てて行う正式な結納は時間・費用・手間がかかりますが、由緒正しき方法なので結婚に対する、また両家のつながりに対する重みを感じられます。

一方で略式結納は「結納をしたい気持ちはあるけれど、なるべく簡単に済ませたい」「お互いの両親が遠方に住んでいて何度も行き来する手間を省きたい」「そもそも仲人を立てない」というカップルに向いています。

両家に合った結納のスタイルを選んで、幸せの階段を一歩一歩上っていきましょう。