スタイルいろいろ家族挙式

  • 前撮り写真
  • 会費制パーティ
  • 結婚写真+食事会
  • 神社挙式
  • ハワイ挙式
わたしたちが家族と呼べる人と。家族挙式

東京・名古屋・大阪・仙台・広島・九州。
97,200円で叶う結婚式場 家族挙式はベストブライダル

結納なしのスタイルも!その代わりは顔合わせ食事会がオススメ


結納なしのスタイルも!その代わりは顔合わせ食事会がオススメ (Unicode エンコードの競合)

大好きな人との結婚が決まると毎日がキラキラと輝き、人生で一番輝かしい結婚式という特別な日に向けてのカウントダウンが始まることでしょう。

結婚式場を決めてウェディングドレスを選び、自分たち好みの装飾や演出をプランニングして、世界で最高の1日をイメージしますね。そのあとは新婚旅行先の選定や新居の準備・・・と忙しくも楽しい毎日が始まります。どれも、初めてでワクワクすることでもありますし、夢や妄想がどんどん広がっていく楽しい時間だと思いますがその前に、1つ決めておくべき大切なことがあるのです。

皆さん、どのようなことか分かりますか?

それは「結納」をするか、しないかということです。

結納とは、両家のつながりや結婚の意思を確認しあう場です。結婚とは当のカップルだけでなく、お互いの両親をはじめ、親戚同士が今後長きにわたって繋がっていくということです。そのため、正式にそれを確認しあう儀式も必要になってくるのです。

昔は結婚が決まったら、結納をするのが当たり前だったようですが、最近では結納をしないカップルも本当に増えています。

その理由は、結納を行うには、ちゃんとした料亭などの場を設けて行い、結納金や結納返しなども行う必要があり、金銭的な負担が双方にかかってしまうことがまず挙げられます。

その他にも、どうもそう言った堅苦しいことがお互い得意ではない場合に、避けられることがあります。

そのような世の中の流れになってきたため、結納の件数自体は昔に比べると激減しています。だからと言って、現代の若者達、その後両親世代が両家の挨拶を行わなくなったとか、つながりを軽んじるようになったということではありません。両家の負担にならないように結納の代わり「顔合わせ食事会」が増えてきているのです。

結納のようなかしこまった席では、結婚する未来の新郎新婦だけでなく、両家のご両親も緊張してしまうものです。そのような状況ではなかなか話も弾みにくく、それならばお食事会のように堅苦しくない雰囲気の中で両家の親交を深める方が、お互いの今後の付き合いにおいてもプラスになると、とても評判を呼んでいます。

そこで今回は、結婚が決まったら考えるべきスタイルの1つとして最近人気の「顔合わせ食事会」についてご紹介していきます。

 

結納、顔合わせ食事会。みんなどうしているの?

結納の件数は減っているというし、周りも結納をしていない人も多いように感じる・・・だけど両親は結納を絶対するべきだと言うけれど・・・と、初めての経験に戸惑うカップルも多いことでしょう。

確かに、カップルとその親世代が同じ感覚でいるとは限りませんし、お互いのご両親が同じ考えかどうかもわかりません。その土地の習慣や個人の考え方の違いで結納が良いのか、お食事会が良いのかは変わってきますので、一概にどちらがオススメとは言いがたいものがあります。

両家が関わることですので自分たちだけで決めることは難しいですが、参考として既に結婚をしたカップルたちが結納かお食事会のどちらを行ったかをデータで見てみましょう。

今回は、結婚するカップルのバイブル的雑誌であるゼクシィネットのアンケート結果を見てみましょう。
参考URLはこちら

<結納や食事会の実施状況はこちら>

  • 結納と顔合わせ食事会の両方行った 16.3%
  • 結納だけを行った 5.9%
  • 顔合わせ食事会だけを行った 72.4%
  • 回答なし 1%

いかがでしょうか。このアンケート結果を見ると、結納ではなく顔合わせ食事会だけで済ませている新婚カップルの割合が非常に高くなっています。

やはり結納は時間と手間、それにお金もかかりますので、両家の負担が出来るだけかからない顔合わせ食事会で済ませる人が増えているのです。

昔は結婚が決まったら両家の顔合わせの意味も込めて、結納を実施するご夫婦が多かったのですが、最近では顔合わせ食事会のみで簡単に済ませるカップルが増えてきたのですね。

昔に比べ、遠方同士の婚姻も増えていますし、両親がそれぞれ別の地方にいて子供たちが東京などに出てきているケースも多いでしょう。そうなると、お互いの両親に東京などに出てきてもらう必要があり、それだけでも手間がかかりますので、その上結納というのは避けたくなるようです。

では、多くのカップルが実施した顔合わせ食事会の内容について見ていきましょう。

 

顔合わせ食事会ってどんなことをするの?

顔合わせ食事会は結納のように堅苦しい雰囲気ではなく、新郎・新婦と両家の家族を囲んで、楽しく食事をするという比較的カジュアルな会のことを言います。

結納の場合はお互いに準備した結納品を交換するなど、形式に基づいて進められていきますが、顔合わせ食事会は堅苦しい雰囲気や形式的なことは、何もありません。

そのため、両家の親睦を深めることに重きが置かれるので、結納よりも気軽に参加しやすいもののようです。実は、両家水入らずの状態でゆっくり話せる機会は結婚式を含めてもあまりありませんので、貴重な機会になるのです。

 

顔合わせ食事会の場所は?

正式な結納は仲人がお互いの自宅を行き来しますが、略式結納の場合はホテルや料亭などで簡単に行われる場合がほとんどです。
そもそも、このご時世においては仲人の存在もなくなってきていますので、それを加味しても結納が簡略化したり顔合わせ食事会などに変わったりしてきています。

顔合わせ食事会に関しては、お互いの両親の好みをしっかり聞いて、レストラン・料亭などお好きな場所を選ぶようにして下さい。

ほとんどの場合、和食のお店で行われるようです。

場所も、例えば遠方からご両親たちが東京に出て来てくれる場合は、東京タワーなどランドマークの近くや、銀座の老舗料亭など、せっかく出てきてくれた両親に少しでも喜んでもらうところをセレクトするとより喜ばれるでしょう。

 

顔合わせ食事会に出席する時の服装は?

顔合わせ食事会に出席する時は、男性は基本的にはスーツ、女性もスーツかワンピースにしましょう。

男性はスーツを着ればそれで問題ありませんが、女性の服装には十分に気をつけましょう。あまり個性的過ぎる服装は避け、無難な服装の方がご両親世代には受け入れられやすくなります。特にスカートの丈には要注意です。丈が短すぎると、清楚な印象からはかけ離れてしまうので、十分に気を付けるようにして下さい。

また両家の服装をある程度合わせておくのも、大切です。

新郎側はとてもカジュアルな服装で来たのに、新婦側は正式結納に出席するような服装で出席したなんてことにならないようにして下さい。

顔合わせ食事会は、ご両親に取っても未経験の場合が多いですので、どんな服装にするかお互いに事前に示し合わせておくと良いでしょう。

 

どのように顔合わせ食事会は進めて行けばいいの?

正式結納は仲人を立てるので、仲人が進行役になって会を進めていきます。

けれども、顔合わせ食事会は特に仲人を立てるわけでもありませんので、新郎の父が率先して進めていく場合がほとんどです。

カジュアルで和気あいあいとした顔合わせ食事会の場合は、新郎と新婦がお互いの家族を紹介しても良いですね。

顔合わせ食事会に、特別な決まりなどないのです!

 

費用はどのくらいかかるの?

さて、結納と顔合わせ食事会にかかる費用ではどのくらいの差があると思いますか?

もちろん結納の方が費用としては高くなるということは分かっていても、金額の差は分からない人も多いでしょう。

それでは早速、結納にかかる金額と顔合わせ食事会にかかる金額を比較してみましょう。

 

結納にかかる費用

最近では、とても便利なことに料理込みの結納プランが用意されているので、ホテルや料亭の個室の会場費を抑えた場合は10~15万円ほどになるでしょう。

ただし結納の場合は、他の項目にお金がかかることを忘れてはいけません。

平均的な金額になりますが、結納品を全て準備すると約20万、結納金は約100万、それに対する返し金が約40万ですので、ざっと数えて約160万円となります。

 

顔合わせ食事会にかかる費用

それに比べて顔合わせ食事会は、料理や会場費で約15~18万円ですが、その他の項目にはあまりお金はかかりません。

婚約の記念品として指輪や時計などのアイテムを準備する時にはお金が発生しますが、これには個人差があるので、一概に金額を出すことは出来ません。

 

顔合わせ食事会を行った先輩カップルに聞こう!

「結納と顔合わせ食事会、どちらにしようか迷ってしまう。」という方もいるでしょう。そこで、実際に顔合わせ食事会を行った新婚カップルにお話を聞いてみました。

参考までに確認しておきましょう!

  • 結納のような堅苦しいものが嫌だったので、顔合わせ食事会にして大正解だった。
  • 美味しいお料理を和気あいあいと楽しめた。
  • 予算をかけたくなかったのでイタリアンで顔合わせ食事会にした。楽しかった!
  • 結納よりもお互いに緊張がなく、ほっこりとしたいい雰囲気になっていた。
  • 普段は行けないような高級和食屋さんで、皆テンションアップ!
  • 結婚式前に、顔合わせしていて良かった。

このように、顔合わせ食事会の最大の魅力は、気張らずに和気あいあいと楽しめるところです。美味しいお料理を堪能しながら、リラックスムードで楽しんで下さいね。

 

いかがでしたか?

今回は、結納なしのスタイル「顔合わせ食事会」についてお話をしました。

最近では、結納よりも気軽にできますし費用も安くつきますので、顔合わせ食事会が主流になっていますよね。こちらの記事を読んだら、顔合わせ食事会の良さに納得された方も多いのではないでしょうか。

普段は行けないような高級レストランで食事とお酒を楽しみながら、両家の絆を深めてみてください。結婚とはお互いの家同士の結びつきでもありますので、きちんと大事にしていきましょうね。