もしかして!いくつ当てはまる?妊娠兆候チェックリスト


もしかして!いくつ当てはまる?妊娠兆候チェックリスト
風邪でもないのに、何だか体調が優れない・・・・。毎月きちんと来る生理が、今月は何だか遅れ気味という女性の皆さん。

あれ?もしかしたら、お腹に赤ちゃんが宿っているのではありませんか?

妊娠をすると自分ではびっくりするくらい、さまざまな体調の変化が現れます。

1度出産経験のある方なら、「あれ?もしかして妊娠かもしれない」と気付くことが出来るでしょうが、初めての妊娠の時はなかなかその兆候に気付くことが出来ません。

筆者にも息子が1人おりますが、初めての妊娠の時は「え?もしかして、これが妊娠の兆候なのかしら・・・」とインターネットで調べる日が続いたものです。

そこで今回は、現役ママである筆者が実際のエピソードも絡めながら「妊娠兆候チェックリスト」を作成してみました。もちろん個人差はあります!

妊娠は少しでも早く自覚して、子供を産むための身体に整えていくことがとても大切です。

ぜひ、こちらのチェックリストを参考にして、身体に起きている妊娠の兆候を見逃さないようにしましょう。

 

妊娠超初期は、赤ちゃんの命が芽生える大事な時期

妊娠超初期は「生理がいつもより少し遅れているかも?」と感じる頃になります。この段階で妊娠に気が付く人は、あまりいないでしょう。

実際に筆者は生理不順のタイプだったため、妊娠超初期の兆候には気づくことが出来ませんでした。

生理予定日前後は、非常に自覚症状の少ない時期ですが、受精卵は分裂を繰り返す大切な時期でもありますので、妊娠の兆候にいち早く気づいておく方がよいでしょう。

 

さぁ、確かめよう!妊娠兆候チェックリスト

ここからは、妊娠しているときに起きやすい「身体の変化」をご紹介していきます。当然当てはまる項目が多いほど、妊娠の可能性が高まります。

しかしながら、妊娠の兆候には個人差がありますので、これからご紹介するチェックリストはあくまでも参考程度にしてください。

 

チェック1. 生理が来ない!

1番わかりやすい妊娠の兆候は、生理予定日になっても生理が来ないという状況です。妊娠をすると生理がストップするので、これによって妊娠に気が付く女性はたくさんいます。
生理周期が規則正しい人は、生理の遅れにも敏感に気付くことが出来ますが、普段から生理周期がバラバラな人は1~5日程度の生理の遅れは気にしない方が多いので、妊娠超初期の兆候に気が付きにくいのです。

 

チェック2. おりものがいつもと違う

おりものは、女性の身体の健康バロメーターとも言えます。ホルモンによっておりものの状態も変わるので、普段からよく観察する習慣をつけておくことをオススメします。
妊娠時のおりものには個人差がありますが、ほとんどの女性が普段よりもサラサラとした水っぽいおりものが出ていると感じるようです。
実際に筆者もおりものの量には、大きな変化を感じました。おりものシートが必要になるくらいの量だったので、皆さんも変化に気が付くと思います。

妊娠すると体内にバイ菌が侵入して来ないように、おりものの量が増えるということですから、女性の身体って本当にすごいですよね。

 

チェック4. 食べ物の好みが変わる

「妊娠したら、今まで大好きだった食べ物が嫌いになった」「特定の食べ物しか食べられなくなった」という妊婦さんは、たくさんいます。
身体に何らかの変化が起きている兆候なのかもしれませんね!ちなみに筆者は、妊娠前に大好きだったスイーツが、妊娠後はさっぱり食べられなくなりました。

こればかりは、不思議としか言いようがありません!ちなみに出産後は、反動でスイーツを食べまくってしまった筆者です(笑)

 

チェック5. 生理ほどではないけど、少量の出血がある

生理予定日付近に真っ赤な出血があった場合、はじめは本格的な生理が始まる合図だと思うでしょう。
けれども、妊娠していても出血する場合があるのです。それが、着床出血です。着床出血とは、精子と卵子が結びついてできる受精卵が子宮に着床した証で、絨毛が子宮の壁を傷つけてしまうことで起こります。

生理のように何日間も鮮血が続いたり、出血量が多いわけではないので、生理と不正出血の区別は簡単につくと思います!

 

チェック6. 自分の精神状態の不安定さに驚く

妊娠するとホルモンバランスが崩れがちになるので、情緒不安定になることがあります。これは妊娠初期によく見られる兆候の1つです。特に理由はないのにイライラしたり、急に涙が止まらなくなったり、時には何もしたくなくなるほど無気力状態になってしまうこともあります。

筆者は、妊娠したら毎日些細なことでイライラする日々が続きました。普段はあまりイライラしない私が、どうしてこんなにも心がざわつくのだろうと違和感を覚えたほどです。

1番身近な存在である旦那さんに八つ当たりをして、喧嘩が増えてしまうカップルも珍しくはありません。

 

チェック7. 食べたくないほど気持ち悪い /食べていないと気持ち悪い

妊娠超初期からつわりが始まってしまう女性もいます。食べ物を見るだけで、喉の奥から何か込み上げるものを感じたり、胃がムカムカとしてくるのです。
食欲がなくなったり、頑張って食べても吐いてしまうなどのつわりは、妊婦さんにとって非常につらいですよね。ひどい人は、妊娠悪阻で入院に至るケースもあります。

また中には、何か口にしていないと気持ち悪くなる「食べづわり」に悩まされる妊婦さんも多く、この場合は妊娠中の体重増加に悩まされる方が多いですね。

 

チェック8. とにかく眠くて仕方がない

何をしていても、眠い。どんなに眠気覚まし対策グッズを使っても、目が覚めない。いつの間にか目をつぶっている。
妊娠すると身体が省エネモードになるので、どうしても眠気が増してきます。寝ても寝ても寝たりない!という状況になったら、妊娠の兆候と考えましょう。

 

チェック9. ん?風邪引いたかも

妊娠すると黄体ホルモンの影響で、普段よりも体温が上がります。毎朝基礎体温を付けている人は体温が下がらない状態が続くので、妊娠に気が付く女性も多いのです。
その他にも風邪の初期症状のように、喉の痛みや頭痛、せきなどが出てくる場合もあるので、妊娠初期は風邪と妊娠の区別が非常に難しい状態になってきます。

 

チェック10. 膀胱炎でもないのに、トイレの回数が増える

トイレに行っても、またすぐにトイレに行きたくなる。膀胱炎でもないのに、トイレの回数が増える。このような症状が多発したら、妊娠の兆候かもしれません。
妊娠すると、徐々に子宮が大きくなっていくので、近くにある膀胱が圧迫されたり、刺激されて頻尿を招いてしまうのです。

実際に筆者も妊娠してから、トイレの回数が驚くほどに増えてしまいました。妊娠週数が進んでいくごとに、トイレの回数も増えていきました!

 

以上、10個の妊娠兆候チェックポイントをご紹介いたしました。

あなたは、いくつの項目に当てはまりましたか?多ければ多いほど、妊娠の可能性が高くなっていくと言えるでしょう。

しかしながら、忘れていけないことがあります!それは、人それぞれ妊娠の兆候には大きな差があるということです。

中には生理が大幅に遅れること以外は、全く妊娠の兆候を感じることなかったという人もいれば、全ての項目にしっかりと当てはまるくらい妊娠の兆候が顕著に出た人もいます。

もし、赤ちゃんが出来ているかもしれないという気持ちがどこかにあって、今回ご紹介したチェックリストの項目に少しでも当てはまっているのなら、すぐに妊娠検査薬を試すか病院へ行きましょう。

赤ちゃんの命がかかっていることですから、勝手な自己判断をしないようにすることが1番大切です。妊娠が判明した瞬間から、お母さんになる準備は始まっているのです。

kazoku_wedding

Comments are closed.