スタイルいろいろ家族挙式

  • 前撮り写真
  • 会費制パーティ
  • 結婚写真+食事会
  • 神社挙式
  • ハワイ挙式
わたしたちが家族と呼べる人と。家族挙式

東京・名古屋・大阪・仙台・広島・九州。
97,200円で叶う結婚式場 家族挙式

海外での結婚式、ゲストの旅費負担はどうする?



ハワイやグアム、バリ島など、海外で結婚式を挙げるカップルは少なくありません。大切なひとと二人きりで、もしくは両家の家族で。そして挙式後の新婚旅行も兼ねての海外ウェディングは、一生に残る思い出として人気があります。

しかし海外ウェディングで気になるのは、ゲストの旅費負担ではないでしょうか。参加する全員が結婚式とともに「海外旅行」をすることになるわけですから、そのための旅費が必要になります。そこで今回は、海外での結婚式に関する、旅費負担について見ていきましょう。

 

新郎新婦が旅費を負担する?それともゲストに負担してもらう?


海外ウェディングでは、両家の家族や近しい親族、友人なども同行するケースがみられます。また結婚式にかかる挙式代やパーティー代とは別に、往復の航空機代やホテル代をはじめとした旅費も発生。とくに旅費の部分をどう負担するのかが、大きな問題になります。

 

海外ウェディングの旅費負担に正解はなし!

結論から言えば、海外ウェディングの旅費負担に関する、「どちらが負担するべきか」についての正解はありません。海外ウェディングをした先輩カップルには、以下のような負担パターンが見られます。

  • 旅費は全て新郎新婦(もしくは新郎新婦の両親)が負担した
  • 家族以外のゲスト分を、新郎新婦(もしくは新郎新婦の両親)が負担した
  • 旅費は全てゲストがそれぞれ負担した
  • ゲストの旅費の一部を新郎新婦(もしくは新郎新婦の両親)が負担した
  • 家族の分は新郎新婦が全額負担し、そのほかのゲストには一部もしくは全額負担してもらう

 

旅費の負担がどうあれ、まずは先に家族やゲストとしっかり相談を

前項でご紹介したどのパターンも、一方的に新郎新婦側が決めるのではなく、両家の家族や親族などのゲストときちんと相談して決める必要があります。先に結婚式の詳細を決めてしまってから、「海外で結婚式をします」と家族や親族に伝えるのはNG。

いきなり「海外に行く」と言われても、ゲストにはそれぞれ都合があるもの。国内の結婚式と違い、何日も休暇を取る必要があるゲストもいます。また旅費の負担は決して少額ではありません。パスポートを取る必要がある方もいます。

海外ウェディングを考えている場合は、まず家族を始めとしたゲストに相談し、旅費負担や時期などの了承を得ることが大切です。

 

旅費を全てゲストが負担した場合、ご祝儀は受け取る?

海外ウェディングで気になるのは、ご祝儀ではないでしょうか。とくにゲストがそれぞれ自身の旅費を負担した場合は、なおさらです。このような場合は、ご祝儀を受け取らないほうが良いでしょう。逆に、現地での食事や観光にかかる移動の費用などを負担し、感謝の気持ちを示すのもおすすめです。

また、招待状を出す際などに「ご祝儀は辞退します」等、一言添えておくのもおすすめ。もちろんそれでも持参するゲストがいれば、当日に丁寧にお断りするようにしましょう。自分たちの結婚式のために海外まで来ていただいた、その事実が何よりのご祝儀です。

 

ゲストの旅費を一部負担する場合、何を負担する?

海外ウェディングで発生する旅費のうち、ゲストの分を新郎新婦側で一部負担することになった場合、以下のようなパターンが見られます。何を負担するのが双方にとって気持ちよく進められるか、家族や親族と詳しく話し合うようにしましょう。

  • 交通費全額
  • 交通費の一部や半額
  • ホテル代全額
  • ホテル代の一部や半額
  • 海外ウェディングにかかる旅費の半額
  • 一律で同額をゲストに渡す
  • 食事代全額

これらの一部負担はもちろん、ゲストに全額負担してもらう場合もそうですが、どれくらいの費用がかかるのかを提示した上で、それぞれの負担について相談する必要があります。家族や親族の理解を得られないと、海外ウェディングを実現するのは難しくまります。実際にどれくらいの費用がかかるのか、ウェディング会社に問い合わせるなど事前に確認をするようにしましょう。

 

海外ウェディングを家族だけで行う場合は、親孝行を兼ねるケースも!

家族やゲストの旅費負担にはさまざまなパターンがありますが、海外ウェディングに参加するのが両家の家族だけの場合、両親の旅費は新郎新婦が全額負担するケースも。

これは、「今までの感謝を伝えたい」という新郎新婦の親孝行の気持ちが詰まったもの。家族だけの海外ウェディングの場合、こういったケースが多く見られます。

 

海外ウェディングに参加してくれたゲストには、感謝の気持ちを忘れずに!


海外ウェディングは、日本から遠く離れた場所まで行く必要があります。そして何日もゲストの予定を拘束してしまうもの。参加してくれたゲストには、感謝の気持ちを忘れずに、おもてなしをしっかりとするようにしましょう。

また、費用負担をしてくれたゲストには、現地でごちそうをしたり、帰国してからプレゼントをしたりしても。さらに帰国後のお披露目パーティーがあれば、会費不要で招待するのもおすすめです。

海外ウェディングの費用関係の相談は、スムーズにいかないときもあるかもしれません。しかし、ひとつずつしっかりとクリアして、大切なゲストと共に過ごす海外でのひとときを最高に幸せなものにしてくださいね。