スタイルいろいろ家族挙式

  • 前撮り写真
  • 会費制パーティ
  • 結婚写真+食事会
  • 神社挙式
  • ハワイ挙式
わたしたちが家族と呼べる人と。家族挙式

東京・名古屋・大阪・仙台・広島・九州。
97,200円で叶う結婚式場 家族挙式はベストブライダル

誰か教えて!結婚式の費用を払う時期っていつなの?


誰か教えて!結婚式の費用を払う時期っていつなの?

大好きな人との念願の結婚式は、盛大に行いたいという人も多いでしょう。

また、そういうつもりがなくてもこれまでにお世話になった方々を招いて、気持ちよく過ごしてもらおうとすれば、自然と規模も大きくなりますしこだわりも出てきます。

せっかくの人生の一大イベントは、お金のことを気にせずにパーッと楽しみたいですよね!

そのために、結婚を意識したころから2人でコツコツと計画的に結婚資金を貯めたり、有難いことに両親からの援助を貰って結婚式の費用に充てたりしている人も少なくありません。

しかしながら頑張って資金を調達しても、自分たちの貯金だけでは足りないカップルもいるでしょう。お金がないなら貯まるまで待てばいい!とも思いますが、実際はそんな予定通りにいかないものですよね。

結婚前に子供を授かったため、式を急いでしなければいけない、祖父母が元気なうちに晴れ姿を見せてあげたいから一刻も早いほうがいいなど、自分たちだけの思い通りにいかないことは意外と多いものです。

そのため、不謹慎だとは分かっていても、出席者のご祝儀を当てにしてしまうこともありますよね。

実際、多くの結婚式場やウェディングプランナーが打ち出す結婚式のプランは、ご祝儀を含めて考えられていますので、もはやご祝儀を計算して結婚式のプランニングをすることは常識ともいえます。

ご祝儀を出すゲスト側も二人へのお祝いのほかに「自分たちが過ごす空間や料理代を支払っている」という感覚で出しています。

さて、そんな気になる結婚式の費用に関することですが、一般的に結婚式の費用はいつ支払えばいいのでしょうか?

結婚式の前でしょうか、それとも後になるのでしょうか。

ここでは、誰に聞いたら良いのか分からないけれど、ぜひ知っておきたい結婚式にまつわる情報をご紹介いたします。早速、一緒に確認していきましょう!

 

結婚式の費用はどれくらいかかるの?

結婚情報ゼクシィによりますと、日本全国の結婚費用の平均総額は約354.8万円で、結婚披露宴の招待人数は約70.2人となっています。

平均総額が約354.8万円!

これって多く感じられませんか?しかもこれには、結納や二次会、新婚旅行などの費用は含まれていません。あくまで結婚式の挙式と披露宴(パーティー)費用のみです。

言ってしまえば「わずか数時間のイベント」にこんなに!?と、びっくりしてしまいますが、結婚式には会場・衣装・内装・料理・人件費など、細かい項目が本当に多くて、それぞれの費用を合算していくとどうしてもこれぐらいの額になってしまいます。

ですが、レストランや高級ホテルなど場所によっても費用総額は大幅に変わりますし、披露宴の招待人数、料理、演出などによっても違いが見られます。

また、ウェディングにも人気のシーズンや日取りがありますので、そういった時期を避けることでリーズナブルに結婚式を行うこともできます。

たった1日の結婚式ですが、まとまった費用がかかります。支払いの時期も気になりますが、自分たちの結婚式の額がいくらぐらいになるのかは確認しておきましょう。

 

結婚式の費用は二つに分けられる

挙式・結婚披露宴を挙げるにあたって、驚くほど色々なことにお金がかかります。

その中には、結婚式前に準備するものに対してかかるお金と、結婚式当日にかかるお金と二種類あります。まずはこの二種類をしっかり把握しておきましょう。

<結婚式前に準備するものに対してかかるお金>

  • 結婚披露宴会場の会場代
  • 出席者の食事代
  • 当日の演出代
  • 衣装代(持ち込みの場合は持ち込み料)
  • ヘアメイク代
  • 写真代・前撮り代
  • 引き出物・プチギフト代
  • 当日の人件費
  • 出席者のお車代・お礼代
  • (送迎がある場合は)マイクロバス代

<結婚式当日にかかるお金>

  • 飲み放題メニューに入っていなかった分の飲み物
  • 当日にプラスした演出代
  • 当日にプラスしたヘアメイク代(親族などの分も含む)
  • 時間を延長してしまった場合は延長料金

このように、結婚式の準備段階でかかるお金と当日にかかるお金は違います。準備段階でかかるお金は、事前に計算ができるもの、当日にかかるお金は実際に結婚式を行った後でないと計算できません。

当日にかかるお金には、飲み物などゲストが頼むものによって値段が変わるものや、予定外に結婚式が押してしまったときに支払う追加料金などがあります。

 

結婚式の費用を払う時期は、会場によって違う

結婚式の費用を払う時期は、それぞれが予約した結婚式場やホテルによって違いますので、結婚式場のスタッフとの打ち合わせの段階で費用の支払い時期について聞いておくことが大切です。

多くの場合、カップルの都合を考えていくつかの支払い方法を提示してくれます。

それでは、結婚式費用の支払い時期のパターンを一緒に確認していきましょう。

 

1. 前入金+結婚式終了後の支払い

まずは、結婚式の前にある程度まとまった額を入金しておいて、結婚式の後に最終の支払いをするケースです。

割と一般的な支払方法ですが、その内訳は式場によって変わります。

例えば、式場を押さえるために手付金や予約金としていくらか最初に払い、結婚式の直前に残りの額を支払うという方法や、結婚式前に総額の80%程度を支払い、残りは当日の費用と併せて結婚式の後に支払う、という方法があります。

結婚式の前後に分けて支払うこのパターンのメリット・デメリットは以下の通りです。

<メリット>

  • 一度に全額用意する必要がない
  • ほとんどを予め払うため、当日は気分が楽
  • 準備段階で支払いがあるので、調整がしやすい

特に、調整がしやすいという点ですが、前もって支払う場合はご祝儀などをあてにすることもできないので、自分たちの持っている資金で何とかしようとすると、結婚式費用が膨らみすぎることがなく、冷静に判断できます。

<デメリット>

  • 事前にまとまったお金を用意しなければいけない
  • 数回に分けて支払うのが面倒

前払いのデメリットは何といっても事前にまとまったお金を用意しなければいけないということ。ご祝儀で結婚式の資金を工面しようとお考えの方には難しい支払方法となります。

 

2. 結婚式終了後にまとめて支払い

結婚式の前後に分けて支払うのは煩雑で面倒という事と、結婚式前にまとめて資金を用意することが難しい場合は、結婚式後にまとめて支払うのが便利です。

結婚式場からすると、事前の準備も含めたくさんかかっている費用を事後にしか入金してもらえないのはリスクがあり、なかなか喜ばしい方法ではありません。ただ、金額が金額ですので、結婚式後の支払いを認めている式場もあります。

では、後払いのメリット・デメリットはどのようなものがあるのでしょうか。

<メリット>

  • 事前に全額を用意しなくてOK
  • まとめてなので支払いが楽

やはり、事前に全額を用意しなくても良い、という点が大きなメリットとなります。300万円以上もの大金を簡単に支払えるカップルは多くありません。それ以外にも、新居の手続きなどがある場合は、更に多くのお金が必要となります。

ご祝儀をいただいてからそれを含めて支払えるとなると、大分気も楽になるでしょう。

<デメリット>

  • 結婚式後に一括請求が来て、テンションが下がる
  • 結婚式終了から請求書振込み締め切りまでの期間が短い

結婚式は、非日常な空間で大好きなゲストの方々と最高の一日が過ごせる、夢のような時間です。その後すぐに請求が来ると余韻に浸る間もなく現実に引き戻され、テンションが下がってしまいますね。

また、結婚式場にとっても早く支払ってもらいたいものですので、支払期限は一般的に式後1~2週間と、かなり短期間になっています。結婚式の後にすぐ新婚旅行に出かける場合などは、支払期限に注意しておきましょう。

 

3. 結婚式当日払い

例えば、結婚式会場が居住地と離れている場合や、忙しくて頻繁に結婚式会場に足を運べない場合などは、結婚式当日に支払うというプランが選択できる式場もあります。

この場合のメリット・デメリットを確認しておきましょう。

<メリット>

  • 当日に全て完了させるので後が楽
  • ご祝儀をそのまま渡すことができる

ご祝儀も、ゲスト全ての分となると大金ですし、それを持ち運ぶのに抵抗もあります。当日その場でご祝儀を使って支払いをしてしまえば、楽ですね。

当日に全て支払いが完了してしまうのも気持ちが楽です。

<デメリット>

  • 当日の慌ただしい中での支払いが大変
  • 新郎新婦以外の助けが必要

結婚式当日に支払う場合で、ご祝儀を使っての支払いをしようとすると、ご祝儀をその場で全て確認し、まとめておく必要があります。ただ、結婚式当日の新郎新婦は忙しくてなかなか時間が取れません。

そのため、親族や友人などの手を借りる必要が出るかもしれません。

 

ローンやクレジットカード支払いができる場合も

結婚式費用の支払う時期についてご紹介してきましたが、これらは基本「現金払い(振込含)」となります。

ですが、大金であることから、最近ではクレジットカードでの対応やローン(分割払い)ができる結婚式場も出ています。

分割払いやクレジットカード決済のリボ払いにすると、一度にまとめて支払う必要がなく、自分たちのペースで支払っていけますので、事前にお金を用意しきれなくても結婚式を迎えることができます。

結婚式は早く挙げたいけれど資金が用意しきれていないカップルの助け舟になる支払方法と言えますね。

もちろん、支払いが少額ずつになるからといって、費用のかけすぎには注意が必要です。

お金のことを聞くのはなかなか恥ずかしい気もしますが、結婚式の総額はどんなカップルにとっても大金に違いありません。

後になってから「〇〇しておけばよかった」などと後悔することがない様に、気になることはなんでも聞いておきましょう。人生でそう何度も経験できることではない結婚式ですし、わからないことが出て当然です。

プランナーさんも慣れていますので、ざっくばらんに聞いてみましょう。

 

いかがでしたか。

以上、ちょっと誰かに教えて欲しい「結婚式の費用の支払い時期」についてご紹介いたしました。

結婚式は規模と費用が比例していくので、当然盛大に結婚式を挙げれば高額な費用がかかってしまいます。

費用が払えないなんてことが起きないように、きちんと予算を立てて、結婚式の準備を進めていくようにしましょう。

また、費用を払ったせいで新生活がちゃんと送れなくなる…なんてことになると本末転倒です。

結婚にかかる費用は結婚式・新婚旅行・新居にかかる費用など多岐にわかりますので、全体的にかかる費用を考えたうえで、自分たちが出せる結婚式の費用を計算し、支払時期を式場と確認しましょう。

いつ、どれぐらいまとまったお金が必要なのかを知っておけば、それに向けてコツコツと貯金をすることができるというメリットもあります。

まずは、結婚式場のスタッフに支払いの時期や内容について、聞いてみてください。思い立ったら、即行動!お金に関することは、早めに聞いておくことにしましょう。