スタイルいろいろ家族挙式

  • 前撮り写真
  • 会費制パーティ
  • 結婚写真+食事会
  • 神社挙式
  • ハワイ挙式
わたしたちが家族と呼べる人と。家族挙式

東京・名古屋・大阪・仙台・広島・九州。
97,200円で叶う結婚式場 家族挙式

安い時期ってあるの?引っ越し費用を抑えて新婚生活開始から節約!


安い時期ってあるの?引っ越し費用を抑えて新婚生活開始から節約!

「独身生活をやっと卒業出来る!一刻も早く同棲をスタートさせたい。」
「大好きな彼と早く住みたい、最短で業者にお願いしたい!」

このように、これまでに同棲をしていなかったカップルにしてみると、結婚が決まったら一刻も早く二人で一緒に暮らしたい!と思うのも当然です。

という気持ちは分かりますが、感情のままに引っ越しをすると、もしかしたらとんでもなく損をしてしまう可能性があるのです。

なぜなら引っ越し業者を利用する場合、引っ越しの時期や平日か休日、時間帯によって、そして引っ越しの荷物の多さなどによって、かかる費用に大きな違いが出てくるからです。

すぐに同棲生活をスタートさせたい気持ちは分かりますが、これから一生一緒に大好きな人と居られるわけですから、焦る必要はありません。
結婚式や新婚旅行などの準備で忙しい中ではありますが、じっくり考えてお得に引っ越しが出来る日時を見定めましょう!

そこで今回は、意外と高い引っ越し費用を抑えて節約をして新婚生活をスムーズにスタートさせる方法をご紹介いたします。

新婚当初は結婚式や新婚旅行、家具や食器など色々なものにお金がかかるので、出来るだけ無駄にお金をかけることなく過ごせるようにしましょうね。

これから新婚カップルになる皆さん、必見です♪

 
◇2019年10月1日の挙式披露宴より、料金改定致しました。https://kazoku-wedding.jp/plan01/

 

引っ越し費用は意外とかかる!!相場はどのくらい?

新婚カップルの引っ越しにかかる費用は、どのくらいの相場なのでしょうか?

1人暮らしの場合で荷物も最小限な場合は、安くて2万円程で引っ越しが出来る業者もあるようですが、2人以上の家族プランになると、最低8万円はかかると言えます。

それでもこの8万というのは、さまざまな節約法を駆使したり距離が近いなどのメリットがある場合ですので、相場的には約25~35万円で落ち着くのではないでしょうか。

もちろん、家の広さや荷物の量、また旧居と新居間の距離が遠い場合は、軽く50万円を超えることもあります。
そう・・・引っ越し費用は思っているよりもずっとかかるのです!

引っ越しはもちろん大事なことですし、避けては通れないことです。かといって、どうせお金をかけるならば、結婚式や新婚旅行など、自分たちの思い出に残るものにお金をかけたい、と思うのも当然です。
そのため、出来るだけ節約できる方法を見つけていく必要があるのです。

 

新婚カップルに聞いた!今思えば失敗した引っ越し体験談

すでに同棲をスタートさせている新婚カップルの皆さんに、引っ越しの感想や体験談を聞いてみました。そうすると、続々と失敗談が出てきました(笑)

引っ越しの時期と、結婚式の準備・仕事・家事など色んな事が重なってあまり考えずに行ってしまったが、今思えば「もっと節約できたのになぁ~」と思うという方も珍しくはありません。

こちらに「新婚カップルに聞いた!引っ越しに関する失敗談」をまとめましたので、一緒にチェックしていきましょう。

  • お互いに忙しかったので、梱包も運び出しも全てしてくれる「ラクラクパック」にしたら、想像以上に引っ越し費用がかかった。面倒くさがらずに自分で梱包すれば良かった。
  • 彼の転勤を機に結婚・同棲をスタートさせたので、引っ越し時期が他の人と重なって空いている業者を探すのに苦労した。もちろん割増料金の時期だった。
  • 土曜日の午前中という、一番自分達に負荷がかからない時間帯を選んだつもりだったけど、お財布には大打撃だった。
  • 物が捨てられない性格なので、とにかくたくさんの荷物を新居に持ち込むことにした。荷物量が多くて、引っ越し費用もかかった。
  • 長距離の移動だということを、もっと意識して荷物量を調節すれば良かった。

このように引っ越しの前後には忙しさのあまり、また他にもたくさん費用がかかるため金銭感覚がマヒしてしまって気付きにくいものですが、いざ引っ越しが終わってみると、あれ?もっと節約できたんじゃ…?と思い直したり後悔したりする人も少なくありません。

そうならないためには、どのようにして引っ越し費用を節約していけば良いのでしょうか?次の項目でご説明しますね!

 

新婚カップル必見!引っ越し費用を確実に抑えるテクニックとは?

それでは、引っ越し費用を確実に抑えるテクニックをご紹介していきます。これからご紹介する情報が、頭の中に入っているかいないかで大違い!

ガッチリ節約するためにも、これからご紹介するテクニックをしっかり覚えておきましょう。

 

テクニック1. 面倒だと言わない!自分で梱包することが最大の節約

「忙しい中、荷物を整理する暇がない」「荷物が大量にあるので、自分では手に負えない」と、引っ越しの際に最も手間がかかる梱包を業者にお願いする人がいます。

けれども、自分自身の手間がかかると思うことを業者にお願いする場合、結構な金額が取られるということを忘れないようにして下さい。

梱包は引っ越しプランの中に含まれているというよりも、オプション料金として捉えられますので、どうしても引っ越し費用がかかってしまうのです。

引っ越しの見積もりをして、引っ越し日時が決まったら、すぐに段ボールや梱包材などを業者からもらえることが多いので、前もって見積もりを取ってもらって梱包グッズをもらっておきましょう。

そして、1度に引っ越し準備を済ませてしまおうと思うから面倒くさく感じるものなので「今日は、キッチン」「今日は、物を捨てるだけの日」など、自分で片付けのテーマや場所を決めて少しずつ行うことをオススメします。

他にも、同時に断捨離を進めていって荷物の量を減らしていくこともおススメです。荷物の絶対量が少なくなれば、トラックの大きさや作業員の数が変わって安く済むこともあります。

 

テクニック2. 引っ越しに余裕がある人は、日時フリー指定で!

急いで引っ越しをする必要がない場合は、引っ越し日時を指定しないフリープランがお得です。

引っ越し業者の都合の良い時に合わせるという方法をとれば、費用をグンと抑えることが出来るマル秘テクニックとなっています。

ただし日時フリー指定プランでも、平日と休日の指定が出来る場合がありますので、この場合はもちろん引っ越しする人が少ない平日にした方が良いでしょう。

もちろん日時フリーとはいっても、遅くとも前日までには当日には何時ごろトラックが到着するのか教えてもらえますし、極端に早い時間や遅い時間に来ることはまずないので、まずは引っ越し業者に問い合わせてみましょう。

 

テクニック3. 引っ越しのオフシーズンを狙おう♪

旅行や観光にシーズンがあるように、引っ越しにもシーズンがあります。
何といってもまずは、学生の入学や新社会人の就職、社会人たちの転勤の時期など、最も多くの人の環境がガラリと変わる月、4月前後です。ピークは2月後半~4月頭となり、この期間は引っ越し業者が1年のうちで1番忙しい季節です。

次に忙しいシーズンは9月の転勤の時期に合わせた8月後半~9月前半にかけての期間です。この時期も春程とは言わないまでも引っ越し業者が忙しくなる時期です。

これら、引っ越し業者のシーズンに当たってしまうと、引っ越し料金が跳ね上げるだけでなく、希望日時が埋まっていて新居や旧居の契約に影響や無駄な日が出てしまう…なんてことも起こりえます。

もちろん仕事の都合などで、どうしても引っ越し業界のオンシーズンにしか出来ない場合もあるでしょうが、そうでない場合は出来る限りオフシーズンにすることをオススメします。

 

テクニック4. 休日は高い!引っ越し費用を節約するなら、平日に限る

引っ越しを希望される方の多くが、土曜日と日曜日の休日を希望しています。

カップルの二人ともが平日に揃って休みを取るのがなかなか難しいことも多いものですし、休日のうちに荷物を片づけてしまいたいと考える人が多いからです。

しかしながら、引っ越し費用を出来るだけ節約したいのなら、休日ではなく平日に引っ越しをした方が良いでしょう。

休日は引っ越し件数が多いので、業者はスタッフを増やして作業を行うことになりますし、スタッフには当然休日手当を支払う必要も出てきます。

ですから、引っ越し料金が跳ね上がってしまうのです。

平日に都合がつきそうな方は絶対に平日に引っ越しをした方が良いでしょう。休日に引っ越しをするよりも、平日に引っ越しをする方が、それだけで休日の引っ越しに比べても2~3割も安くなりますよ。

 

テクニック5. 午前中より午後、午後よりも夕方の時間指定がお得

引っ越し費用を節約したいのなら、日程だけではなく、時間にも気を遣う必要があります。

最初に結論を申しますと、引っ越しは午後の時間帯に行うのが1番費用を抑えることができます。なぜなら、圧倒的に午前の時間帯を希望する利用者が多いからです。

その理由としてはまず、引っ越しを午前中に終わらすことができれば、午後に片づけを行ってその日のうちに大方片づけができることがまず挙げられます。

他にも、午後の引っ越しをお願いすると、引っ越しスタッフは午前中に別の引っ越し作業をしておき、その後あなたのところへ来てくれるようになります。
この場合、午前中の作業内容によっては時間通りに来られないことがあり、時間が読めないことがあり得るという点でも、午前中の引っ越しを希望する人が多くなります。

そこで敢えて人気がある午前中の配送は避けて、午後からの配送指定にすることで、費用を抑えられるというわけです。

 

大切なのは、きちんと複数社から見積もりをゲットすること

ここまで、引っ越し費用を安く抑える5つのテクニックをご紹介しました。きちんと頭の中に入れておくか、メモをして忘れないようにしておくことをオススメします。

そして何より大切なことは、複数の業者から引っ越し作業の見積もりを取ることです。

同じ引っ越しをするにあたっても、その引っ越し費用は業者によってさまざまです。
より安い業者を見つけるために、自分で様々な業者に見積もり依頼をして最も安い業者を探し出すという作業がとても大切になります。

そう聞くと面倒くさい!と思ってしまいますが、最近では自分の情報を入力すると一括で複数業者の見積もりを出してくれるインターネットサイトがあるので、ぜひ活用してみてはいかがでしょうか。

また引っ越し業者に直接電話で問い合わせをして、どのようなプランにすればお得に引っ越しが出来るのか聞いてみるのも1つの方法です。

よくある交渉のテクニックですが、他の見積もりと比較して業者に割引してもらうように交渉するという手も使ってみて損はないでしょう。

引っ越し費用を節約したいのであれば、適当に業者を選ばず引っ越し業者選びに時間をかけていくことをオススメします!

引っ越しを考えている方は、早速いくつかの業者から見積もりを取ってみましょう。

 

いかがでしたか?

以上、新婚カップルの皆さんに聞いた引っ越しの失敗談と節約テクニックをご紹介しました。

もちろん節約をするためには引っ越し日時や時間帯などの何らかの制約が出てしまうかもしれませんし、引っ越し業者のリサーチや自分たちで梱包などできることをすべて行う作業も増えるかもしれません。

けれども、それはちょっとしたことです!やってみるといらない荷物を事前に分けられて、すっきりとした気分で新居に引っ越せたり、さらには不要な本や食器・衣類などを買い取ってもらってちょっとしたお小遣いを得ることができたりするかもしれません。
安くなるだけでなく、不要な荷物が片付いてお金まで手に入れることができるなんて嬉しいことだらけですよね。

他にも、引っ越しのオフシーズンを狙って日時を設定したり、休日の引っ越しを平日に、午前中の引っ越しを午後に変えたりして、少し調整するだけで費用がグッと抑えられるので、ぜひ節約のために実行に移してみましょう。

引っ越し費用をグッと抑えることができれば、浮いたお金を結婚式や新婚旅行、新居の家具、貯金などあなたたちの新生活に向けて使うことができます。新生活前にお金を使わってしまわずに、引っ越しをしてからの新生活に使っていくのはいかがでしょうか。その方が満足度の高い、有意義なお金の使い方のように思えますね!

そうと決まれば、さぁ、すぐに引っ越し業者の選定と二人の都合の良い、引っ越し料金が安くなる日時がないか考えてみましょう。
皆さんの幸せな新生活を応援しています♪