スタイルいろいろ家族挙式

  • 前撮り写真
  • 会費制パーティ
  • 結婚写真+食事会
  • 神社挙式
  • ハワイ挙式
わたしたちが家族と呼べる人と。家族挙式

東京・名古屋・大阪・仙台・広島・九州。
97,200円で叶う結婚式場 家族挙式はベストブライダル

屋形船で結婚式ができる?!屋形船結婚式の魅力とは


img_houseboat

愛する人との結婚式は、一生の思い出に残るような場所で結婚式を行いたいというのは、誰しもが考えることです。

それでも、数あるウェディングの中からあなたたちだけの完全オリジナルな結婚式を行うのは、なかなか難しいものがあります。最近ではどのカップルも色々なアイデアでオリジナリティあふれる結婚式を行っていますので、どんなアイデアを出しても必ず誰かと被ってしまうような気がしてしまいます。

それでも、みんなをあっと言わせるような、そして思い出に残るような結婚式をしたい皆様!

最近人気の「屋形船結婚式」はいかがでしょうか。

屋形船結婚式ができるのは、当たり前ですが大きな川沿いに限られてしまうのですが、他では得られない体験が出来るおすすめの結婚式会場です。

今回は、そんな屋形船結婚式についてご紹介します。

 

屋形船って?

大きな川の河口にゆったりと浮かび遊覧している和風の船が屋形船です。通常の船と違い船内には畳や敷かれていたりテーブルが置かれていたりしてまるで料亭に入ったような気になります。

屋形船の歴史は古く平安時代までさかのぼります。その頃は貴族たちが楽しみ、後に江戸時代には大名たちが花見や月見を楽しんだと言われています。

その後、水質汚濁などによって一時期勢いをなくした屋形船ですが、最近では日本の文化が見直され、ご年配の方々には懐かしいもの、また若い人たちにとっては目新しいものとして脚光を浴びています。

隅田川など、桜並木が川沿いにある場合などは水辺の特等席から花見ができますし、花火大会でも人ごみをかき分ける必要がなく、優雅に観られるのが屋形船の魅力です。

昔から豪華で優雅なイメージの屋形船は、結婚式の披露宴というおめでたい席とも相性がよく、最近では屋形船での結婚式や披露宴が注目を集めています。

 

屋形船結婚式って?

屋形船結婚式とは、挙式をお寺などで行った後、披露宴会場として、または二次会会場として屋形船の中で行うことを指します。

挙式が屋形船の乗り場から近い場合は歩いて移動もできますが、多くのプランでは挙式会場から屋形船まで送迎バスやタクシーなどで移動します。

その中でも、例えば浅草などの観光地だったりすると、人力車で移動するなんて言う「粋」なプランも用意されています。

人力車や屋形船のある所は総じて観光地でもありますので、移動中は多くの観光客や地元の方々の注目を浴びるでしょう。そんな多くの人々に祝福されながらの道中は、幸せな気分を更にアップさせてくれるでしょう。

またゲスト目線に立った時に、結婚式や二次会にある程度行き出す年齢になると正直言ってどこも似たような印象を受けるものですが、屋形船はもうその立地だけで特別感が満載です。

そのインパクトはもはや余興なども必要がないほどです。そのため新郎新婦はもちろん、ゲストの方々にとっても忘れられない披露宴・二次会になることでしょう。

 

屋形船の魅力

屋形船の魅力は、その外側と内側の両方にあります。それぞれの魅力について詳しくお伝えします。

 

周りの美しい景色を独り占めできる

屋形船の魅力はなんといっても、日本の美しい四季を間近で感じられることでしょう。

東京の煌びやかな夜景は街中ではぼやけてしまったり、他のビルにさえぎられてしまったりして見にくいものですが、川面から見上げると無数の都会のライトがまばゆく輝いて見えます。

その様子は満天の星空のようでとてもロマンチックです。

また、桜の時期には川沿いに咲き誇る桜並木を、誰にも邪魔されず船内から見ることができて特別感が増します。

このように、周囲の美しい景色をうまく取り込んでしまう屋形船結婚式は自分たちで式場をデコレーションする必要がないお手軽さがあります。

ゲストたちも、星空や水面に映るライトの輝き、満開の桜な花などに感動するに違いありません。

 

自分たちだけの完全なプライベート空間が楽しめる

屋形船の内側は、あくまでも船なので設備は最小限のことが多いです。畳が敷いてあるお座敷タイプや、最近では椅子が置かれているタイプも登場しています。

お座敷でリラックスして楽しむも良し、おじいさまやおばあさまなどご年配の方は椅子に座ってもらえると楽に過ごせるのではないでしょうか。

そして何といっても醍醐味は、一旦出港してしまうとあなたたちだけの空間が作れ、アットホームな雰囲気を楽しめることでしょう。ゲストの方達とも近い距離で楽しめるに違いません。

川の中央に漕ぎ出してしまうので、多少羽目を外して騒いでも周りに迷惑にならず安心して楽しめます。

他のグループと会うことの無い一種の密室空間であると共に、周りの景色が見渡せる解放感も味わえるので、他の会場では得られないまさに“良いとこ取り”のロケーションなのです。

更に、伝統的な屋形船に揺られると忙しい日常の喧騒から離れ異空間にいるような感覚を味わえるのも、屋形船の大きな魅力です。

 

人数は?予約時期は?

屋形船ウェディングは、伝統的な和の様相でありながらも内装にはソファや椅子があるものもありますし、料理なども和洋中から選べますので、必ずしも和風スタイルにする必要はありません。

人数は船のサイズ的に少人数の方が行いやすいので、親族だけの披露宴や、仲の良い友達だけに絞った二次会などによく使用されています。

とは言え、最大で80名収容できる船もありますし、屋根部分にデッキを取り付けてデッキに出られる開放感のある船もありますので、窮屈さは少ないでしょう。

ただし、注意するのは予約の時期です。一般の結婚式場では春や秋などに人気が集中しますが、屋形船はそれに加えて、観光シーズンや花火のシーズンには予約が取りにくくなっていますので、早めに空き状況を確かめるようにしましょう。

数が限られているので、気になる方はすぐに空きがあるか確認してくださいね。
東京などでは屋形船ウェディング専門のブライダルフェアも行われておりますので、興味のある方は足を運んでみましょう。

 

いかがでしたか。

昨今の結婚式は、どのカップルもアイデアを絞ってオリジナリティあふれる式を自分たちで創り上げています。

自分たちで色々考えることができるので楽しさが増しますが、それと同時に「ほかの方の結婚式と被ってありきたりな感じになってしまう」「ゲストの方をあっと言わせるようなスペシャルな結婚式にしたい!」と思うのも当然です。

そんな方々のお悩みを解消するのが、他の会場の良いところばかりを取り入れた様な、まさに理想的な会場である屋形船での結婚式なのです。

もちろん屋形船は、結婚式だけでなくお花見や花火大会、納涼大会など各種イベントにも使われ出している今後大注目の会場ですので、興味を持ったら是非すぐにでも屋形船を扱っているプランナーを探して希望の日時を押さえられるか確認しましょう。

誰よりも早く取り入れて、みんなの心に残るウェディングに仕上げてしまいましょう!