スタイルいろいろ家族挙式

  • 前撮り写真
  • 会費制パーティ
  • 結婚写真+食事会
  • 神社挙式
  • ハワイ挙式
わたしたちが家族と呼べる人と。家族挙式

東京・名古屋・大阪・仙台・広島・九州。
97,200円で叶う結婚式場 家族挙式はベストブライダル

花婿の友人に依頼!グルームズマンで結婚式を盛り上げてもらおう


花婿の友人に依頼!グルームズマンで結婚式を盛り上げてもらおう (Unicode エンコードの競合)

「私は、友人達にブライズメイドになってもらって、結婚式をサポートしてもらうわ」「女友達がブライズメイドになって、会場内を盛り上げてくれるの!」

このように、新婦の中には女友達にブライズメイドをお願いして、一生に一度の結婚式当日を大いに盛り上げたいと考えている新婦がたくさんいます。

結婚式の主役は新郎・新婦と言っても、やはり目立つのは新婦ですし、女性特有の華やかさは男性がどう頑張っても真似できないこともあるでしょう。

けれども、新婦には新郎というパートナーがいるように、ブライズメイドにもパートナーが必要なのではないでしょうか?

そこで今回はブライズメイドよりは知名度は低いものの、圧倒的な存在感で会場内を盛り上げる男性版ブライズメイドである「グルームズマン」に注目してみました。

グルームズマンって、いったいどんな人なの?どのようにして結婚式を盛り上げるの?など新郎・新婦の素朴な疑問を解決いたします!

グルームズマンって何?

欧米の結婚式では、新婦の友人がお揃いの衣装とブーケを持って、新婦の身の回りのお世話をするというしきたりがあります。

女性が揃うだけでも圧巻の風景ですが、彼女たちが新婦の入退場でサポートをしたり、新婦と一緒にフラワーシャワーをしたりする姿は何とも微笑ましいのです。

結婚式当日にブライズメイドとして任命されるのは、とても喜ばしく光栄なことなので、ブライズメイド達も大いに盛り上がってくれますよね。

実は、同じような役割を持ったメンバーが新郎側にもいるのです。新婦側の介添人をブライズメイドと言いますが、新郎側のメンバーをグルームズマンと言います。

グルームズマン達がお手伝いする内容はブライズメイドとほぼ一緒で、新郎の身支度を一緒に整えたり、結婚式や二次会を盛り上げたりしていきます。

欧米ではグルームズマン達の存在はメジャーですが、日本ではまだあまり浸透していません。

日本人男性は「俺は、あんまり目立たなくていいよ!」「恥ずかしいよ~」という人が多く、グルームズマンにあまり乗り気ではないという現状もあります。

どうしてグルームズマンが始まったの?

グルームズマンは中世ヨーロッパの時代から、存在していました。

なぜなら、その時代の人々は結婚式という良き日に、新郎・新婦に嫉妬した悪魔が襲いにやってくると思っていたので、それを守るための人達を準備したというのが、グルームズマンの由来です。

悪魔がやってきた時に、グルームズマン達に新郎と同じような服装をして貰って、悪魔の目をごまかしたと言われています。それだけグルームズマンの役割は大切だと考えられてきました。

グルームズマン達はどのような服装なの?

グルームズマンは、基本的に新郎と同じ服装にしましょう。

完璧に仕上げたいなら、スーツ・ネクタイ・ベスト・シャツの全てを揃えるべきですが、ネクタイとスーツの色を合わせるだけでも十分だと思います。友人と相談をしながら、演出方法を決めましょう。

新郎・新婦側からは、お揃いのネクタイをプレゼントするなど、ちょっとした配慮を見せましょう。

グルームズマンの役割

次に、グルームズマンの役割についてご紹介します。

結婚式の準備を手伝う

日本では二次会を友人にお願いする風習がありますが、海外では挙式や披露宴の企画や準備まで手伝う風習があります。結婚式を挙げるにあたり多くの人からアドバイスをもらうと思いますが、準備が本当に大変と聞くことも多いのではないでしょうか。実際に準備をしていくとその苦労がわかるはずです。

グルームズマンは、そんな負担の多い準備を手助けしてくれる存在です。時には、新婦と喧嘩になる時もあるかもしれませんが、なんでも聞いてくれるグルームズマンが身近にいることで、準備もスムーズに進むことでしょう。

バチェラーパーティーを企画する

バチェラーパーティーとは、新郎が独身最後の日を楽しむパーティーのことです。欧米では一般的ですが、日本ではまだまだ浸透していませんよね。でも、徐々に日本にも浸透してきています。そのきっかけになったのが、ハングオーバーという映画です。独身最後の夜をラスベガスで過ごして、とんでもないことになってしまったというストーリーなのですが、続編が作られるほど人気がでました。とにかく、独身最後の夜を友人たちとバカになって楽しむということが目的ですので、特に何をするのかは決まっているわけではありません。

  • ナイトクラブやパブでオールナイト
  • 海外では、独身最後の夜にするのがナイトクラブやパブで飲みあかすことがよくあります。結婚したらオールで飲みあかす機会は減るでしょう。それを見越して最後に仲のいい友人たちで飲みあかします。

  • 思い出の場所へ旅行
  • 親しい友人が結婚するとなると嬉しさもあり、寂しさもありますよね。新婦よりも長い時間を共にしてきた友人なら、なおさら寂しいと感じるのではないでしょうか。そんな友人とお互いが出会った場所や思い出の場所を一緒に回ってみるのもいいでしょう。

  • みんなでバーベキュー
  • 最後の夜は男らしくバーベキューはどうでしょうか。アメリカでは、家族や友人を招待してよくバーベキューをしますが、この時ばかりは親しい友人だけを呼んで最後の夜を味わってみるのもいいかもしれません。

  • ストリッパーと遊ぶ
  • アメリカでは、最後の夜にはストリッパーを読んで楽しむということをするようです。全ての人がするわけではありませんが、結婚したらもうできないからですね。

このようにバチェラーパーティーは、独身最後の日を楽しむパーティーです。ただし、映画「ハングオーバー」のように飲みすぎて、結婚式に間に合わないということにならないためにも、羽目の外しすぎには注意をしましょう。

バージンロードを敷く

海外の結婚式では、バージンロードを敷く役目があります。日本では式場が絨毯を敷いていることがほとんどですが、こだわりたい人はグルームズマンにお願いしてもいいでしょう。

新郎と一緒に入場する

ブライズメイドと一緒に入場をして式に参加する役割があります。

披露宴の司会・進行をする

日本では、司会は式場のスタッフがおこなうことが多いのですが、海外ではグルームズマンにお願いすることがよくあります。話すのが下手な人や自分のことばかり話す人だと進行に遅れが出てしまいますが、友人にお願いすると和やかな雰囲気になること間違いなしです。

ゲストをエスコート

ゲストが到着した時にエスコートをしたり、写真をとってあげたり、受付をしたりするのも役割の一つです。新郎新婦は準備で忙しいため、頼りになる存在です。この他にも、式と披露宴の間の休憩時間にもゲストをもてなすこともあります。

披露宴の演出をする

披露宴の最中に演奏をしたり、ダンスをしたり、披露宴を盛り上げる演出をすることがあります。新郎が新婦に歌を歌ってあげ、その演奏をグルーズマンがするということもあります。なかなか練習する時間はありませんが、親友だからこそ息のあった演奏ができるはずです。

二次会を盛り上げる

披露宴の後の二次会を盛り上げるのもグルーズマンの仕事。企画から司会まですべて担当し、式を盛り上げます。日本でも二次会は友人が企画をするため、この部分だけは同じですね。

グルームズマンは結婚式を大いに盛り上げます!

ブライズメイドはお揃いのドレスを着こなした女性達が、花嫁のそばに居ることからとても華やかなハッピーオーラを会場にふりまきます。

一方で、お揃いのスーツとネクタイを着用したグルームズマン達は、会場内の雰囲気を盛り上げて、式全体を勢いのあるものにしてくれるというメリットがあるのです。

グルームズマンに選ばれた男性達の役割は、結婚式というイベントを大いに盛り上げることです!

オーバーアクションをしたり、何か面白いパフォーマンスをしたりすることで、出席者の方々のテンションがアップして、笑顔が増えれば大成功というわけです。

それでは、グルームズマンはどのように結婚式を盛り上げていくのでしょうか?実際の盛り上げ例をまとめてみましたので、参考までにご覧ください。

  • グルームズマン全員でサングラスをかけて、ボディガードみたいにする。
  • グルームズマン達の動きを揃えるだけで、キビキビとした印象が増す。
  • 率先して、会場内の出席者を盛り上げる。
  • ブライズメイドとペアになって、なんちゃって新郎・新婦を何組も作る。
  • ブライズメイドとグルームズマンが集まればすごい存在感になるので、それだけで演出になる。
  • 挙式入場の時には、グルームズマン達に引き連れられた新郎が入場。
  • グルームズマン達が、新郎を胴上げする。

このように、男性ならではの動きのバリエーションと存在感で、挙式・披露宴を盛り上げていくことが出来るので、グルームズマンは本当にオススメの演出方法です。

実際にグルームズマンになった男性に聞いた!感想は?

それでは、実際に新郎から頼まれてグルームズマンになった男性達に、感想を聞いてみました。皆さん、意外と楽しみながらグルームズマンの役目を満喫しているようですね。

  • 大人になると、皆で何かを作り上げる機会がないので、思いっきり楽しめた。
  • お揃いの衣装で、テンションが上がった。
  • 結婚式に参加したという満足感で満たされた。
  • 新郎・新婦の喜ぶ顔をたくさん見ることが出来て嬉しかった。
  • 全力でめでたいことを祝う喜びを知った。
  • ブライズメイドの女の子達とすごく仲良くなって、そこから新たな出会いが生まれた。
  • いい写真がたくさん撮影できた。
  • とにかく楽しくて、思い出に残った。

このようにグルームズマンになった本人達は、新郎・新婦が思っている以上に、楽しんでいることがわかります。準備はお互い大変かもしれませんが、仲のいい友達と結婚式の準備を進めていくと、その過程も一生の思い出に残ります。日本ではまだまだ浸透していませんが、今後徐々に広がっていくことでしょう。

ちなみに、グルームズマンをしてくれた友人には何かしらのお返しをすることが一般的です。お金で返すよりも、全員お揃いのペンやネクタイなど小物をプレゼントすると友情を感じて喜ばれるでしょう。どのようなプレゼントを渡すかも、準備の一つの楽しみです。

グルームズマンは式を盛り上げる

以上、今回は結婚式を盛り上げるためには欠かせない「グルームズマン」についてお話をさせていただきました。

結婚式の主役は、花嫁さんですし、花嫁さんをサポートするブライズメイドの方が目立つかもしれません。

しかしながら、男性が脇役になる必要は全くありません!新郎とグルームズマン達で、大いに一生に一度の結婚式を、盛り上げましょう。また、結婚式の準備は思っているよりも大変なものです。新郎一人で抱えてしまうのではなく、身近にいつでも味方でいてくれる友人がいれば、準備もスムーズに進むはずです。もし、やってくれるという友人がいれば、お願いしてみてはどうでしょうか。

結婚式には華やかさと盛り上がりが、必要不可欠です。ぜひ、さまざまな演出をちりばめて楽しい結婚式にしてくださいね。