スタイルいろいろ家族挙式

  • 前撮り写真
  • 会費制パーティ
  • 結婚写真+食事会
  • 神社挙式
  • ハワイ挙式
わたしたちが家族と呼べる人と。家族挙式

東京・名古屋・大阪・仙台・広島・九州。
97,200円で叶う結婚式場 家族挙式はベストブライダル

多くの人に証人になってほしい!「婚約通知状」の文例集


多くの人に証人になってほしい!「婚約通知状」の文例集
最近はFacebookやTwitterなどのSNS(=ソーシャルネットワーキングサービス)が、気軽にコミュニケーションを図れるアイテムの1つとして活用されています。

SNSを利用していると毎日のように、婚約・入籍・妊娠・出産の何かしらの投稿を見かけませんか?それくらい、自分を表現する際のアイテムとして使われているのです。

それが悪いとは言いません!実際、別の学校に進学したり働き始めたりすると、どうしてもこれまでいつも一緒にいた友達ともなかなか会う機会が減ってしまうものですし、これまでの友人全てに平等に報告ができるかというとそうではないですよね。

SNSがあれば、普段頻繁に連絡を取らない方にも手軽に報告ができます。

しかし、中には親しいと思っていた友人からの大切な報告をSNSで知ってしまってショックを受ける方もいます。

自分は親しいと思っていたのに直接告げられることなく、インターネット上で不特定多数に配信された記事で確認してしまったということに、これまでの友情が壊れてしまったかのように感じられ、寂しい思いをしている人もいるかもしれません。

「もっと違う形で報告して欲しかった」「大事な報告を不特定多数に配信するのは、どうなのかなぁ」「あの子にとって自分の存在はそんなものだったんだ・・・」と思ってしまうのです。

そこで今回は自分が結婚する、または結婚したということを文書にて親しい友人やお世話になった方々に通知する「婚約通知状」の文例をご紹介します。

「婚約通知状」というものを聞き慣れていない方も多いと思いますが、日頃の感謝の想いを文章にしたためて、皆にハッピーな報告をしていきましょう。

 

日本ではあまり見られないのでは?

婚約通知状は日本では最近になってよく見られるようになってきた習慣の1つですが、欧米では一般的なコミュニケーションスタイルです。

そもそもカード文化の発達している欧米では、クリスマスや誕生日はもちろん、何かにつけてカードを渡す習慣があります。会えるタイミングではもちろん、郵送にて友人の自宅に1通1通送る方も多くいます。

また、都市部では少なくなってきていますが、海外の地方部では新聞や雑誌の広告欄に結婚したという事実を掲載してもらう人もいます。

欧米のカード文化は、日本で言うと年賀や暑中お見舞いのようなものと考えるとよいでしょう。そして、日本では結婚した際に「結婚しました」とはがきを送ることがありますが、事後報告の印象がやや強く感じられます。
一方で、婚約の通知状を出すと一度により多くの人達に自分達の結婚の報告が出来るだけでなく、二人の馴れ初めや結婚式についてなども伝えられるので非常に便利です。

これから結婚式を挙げるカップルの皆さん、とても便利なコミュニケーションツールなのでぜひお役に立ててはいかがでしょうか。

 

婚約通知状の文面は自由に決めて下さい

婚約通知状は決して公式的な文書ではありません。決まりきった文章というものはないので、自分達で好きなようにアレンジすることが出来ます。

2人の馴れ初めを赤裸々に語るもよし、いい機会ですので日頃のみんなへの感謝の気持ちを述べるのも良いでしょう。
更には、これからの新生活に向けての決意などを入れるのも良いですね。

あなたたちらしい、オリジナリティ溢れる文章を考えていきましょう。

とは言え、あまり貰ったことが多い人も少ない婚約通知状です。「文例が思い浮かばないわ・・・」「どうやって書けばいいのか分からない」というカップルも多いと思います。

そこで今回は、婚約通知状の文例も合わせてご紹介していきますね。

 

婚約通知状の文例1:上司に出す場合

桜咲く季節を迎え、ますますお健やかにお過ごしのこととお喜び申し上げます。

さて、私達は去る四月十日、昔から親交のある〇〇様ご夫妻にお立ち会いいただき、6年にわたる交際を実らせ、正式に婚約をいたしました。

大変恐縮ではございますが、こちらにてご報告させて頂きます。

日頃からたくさんの方々にご指導を頂いてまいりましたが、今回お互いに一生を共に歩んでいく覚悟が出来て、現在は挙式・披露宴・新生活に向けて準備を進めているところです。

なお、挙式は今年の十二月を予定しております。その折には改めてご招待状をお送りさせて頂きますので、ぜひご列席賜りますようお願い申し上げます。

今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

 

婚約通知状の文例2:親しい友人に出す場合

いつも私達2人を支えて下さる皆様、本当にありがとうございます。さて、私達は6月1日に正式に婚約することができました。

色々あった2人ですが・・・これからは皆様にご心配をおかけしないように、仲良く人生を共に歩んでいこうと思います。

挙式は来年の4月を予定しております。皆様には改めて結婚披露宴のご招待状をお送りさせて頂きますので、どうぞよろしくお願いいたします。

大好きな皆様にお会いできるのを、心から楽しみにしております!

と、このようにごくシンプルな文例でも全く問題ありません。これらの文例を参考にして、自分達らしい文面にしましょう。

 

婚約通知状は、婚約から結婚式までの期間があいた時に出そう

婚約通知状は婚約したら必ず出すべき?でもそうすると結婚式の招待状と重ならないかな?と思われますよね。

婚約通知状は基本的に婚約をしてから、挙式・披露宴までの期間が半年以上空いてしまった時や、挙式や披露宴の日程が未定だけれども、婚約したという事を伝えたいと思う人に出すようにしましょう。

婚約と入籍日が近い場合は出す必要はありません。特に結婚式がある場合は、通常結婚式の2ヶ月前に招待状をだしますので不要です。

ただ、最近では婚約や入籍と、結婚式の日程に期間が空く方も多いので、そのような場合は婚約・入籍時に通知状を使って連絡する方が良いでしょう。

全てのカップルに必要なアイテムではないので、自分達に必要なのか必要ではないのかをきちんと確認するようにしましょう。

 

実際に婚約通知状を送った側・受け取った側の感想

それでは最後に、実際に婚約通知状を送った側の感想と、受け取った側の感想をご紹介していきます。参考までに、ぜひチェックしてみて下さいね。

<婚約通知状を送った側の感想>

  • 仕事の関係で婚約から入籍まで期間があくので周りに心配をかけないように婚約通知状を送った。
  • メールや電話、SNS投稿で婚約を報告するのは軽すぎる気がしたから。
  • 上司や親戚にしっかりとした対応をしたかったから。
  • 友達カップルから婚約通知状を貰って嬉しかったから。

と、婚約通知状を送った側の意図としては、婚約から入籍・結婚式までの期間が空くと周りに「なぜ?」という要らぬ心配をさせてしまうことや、SNSやメールは手軽だけれども、その分軽い感じがするので避けたかったという事が挙げられます。

婚約は、二人が夫婦として歩んでいく人生の第一歩と言っても過言ではありません。
その一歩を、きちんとした形で周りにお知らせしたいという気持ちの表れが婚約通知状になっているようです。

<婚約通知状を受け取った側の感想>

  • とても丁寧な印象を受けた。
  • オリジナリティ溢れる文面で、クスッと笑えた。
  • 新郎新婦の人柄が表れた素敵な文章に、心がほっこりした。
  • 2人の大人の対応が、何だか頼もしく思えた。

婚約通知状は、少しずつポピュラーになっているとはいえ、まだまだ珍しいものです。行わない人も多い中で貰うと、受け取った側にしてみれば「忙しいだろうにわざわざ気を遣ってくれて丁寧な人だな」と、印象が良くなること間違いなしです。

 

いかがでしたか?

今回は、婚約通知状に焦点を当ててお話をしていきました。

婚約の報告は、メールや電話、SNS投稿でも行うことができます。もちろん、しないよりはした方が周りにとってはわかりやすくて良いのですが、これらの報告方法では何となく軽々しく思えるかもしれませんが、文書ならその心配はありません。

むしろ、一人一人に丁寧に対応してくれているな、わざわざ気を遣ってくれたんだなと感じてもらえ、印象が良くなることでしょう。これからは個人ではなく、妻帯者・夫ある身となるカップルのお2人です。社会的に認められる夫婦となれるように、細部まで気を遣うことができると良いですね。

また、婚約通知状を送ることで、親戚や友人、会社の同僚などたくさんの人に婚約の事実を確実に伝えることが出来ます。

自分たちだけのオリジナリティ溢れる文章で、ハガキの向こう側の人をあたたかい気持ちにさせたり、クスッと笑わせてみたり、または普段なかなか伝えられない日頃の感謝の気持ちを伝えてみませんか?

婚約から入籍までの期間が空いてしまうので、何とか先に婚約したことを周りの方々に伝えたいなと考えているカップルの皆さんは、ぜひ婚約通知状をお送りになってはいかがでしょうか。