スタイルいろいろ家族挙式

  • 前撮り写真
  • 会費制パーティ
  • 結婚写真+食事会
  • 神社挙式
  • ハワイ挙式
わたしたちが家族と呼べる人と。家族挙式

東京・名古屋・大阪・仙台・広島・九州。
97,200円で叶う結婚式場 家族挙式はベストブライダル

教会で式を挙げたい!まずは「キリスト教式」の全体の流れを知ろう


教会で式を挙げたい!まずは「キリスト教式」の全体の流れを知ろう (Unicode エンコードの競合)

世の女性なら1度は、白いウェディングドレスに身を包み、今まで大切に育ててくれたご両親に見送られながらバージンロードを歩く姿に憧れたことがあるのではないでしょうか。

1度や2度憧れたというだけではなく、ずーっと憧れているという人もいますよね。とにかく、女性にとって結婚式は人生でも数少ないスペシャルデーなのです。

皆さんのおじいちゃん、おばあちゃん、お父さん、お母さん世代は、和装の神前挙式が当たり前の時代でしたが、今は教会で式を挙げるスタイルが一般的になっています。

お家に仏壇があっても、キリスト教式の挙式を執り行うのは全く珍しいことではありません。本当にたくさんのカップルが、教会で永遠の愛を誓い合っているのです。

そこで今回は、これから教会で式を挙げたい人、また挙げる予定のある人必見!キリスト教式の全体の流れを分かりやすくご紹介します。

当日緊張のあまり頭が真っ白になってしまわぬように、事前にきちんと確認しておきましょう。

キリスト教式結婚式は、2つのタイプに分かれます

「キリスト教式って、最近よく皆が挙げているチャペルでの式のことでしょう?」と言う人がいますが、そんな簡単なことではありません。

実は、キリスト教式はカトリックとプロテスタントの2つのタイプに分かれているのです。

信じる神はイエス様ですし、式の進行プログラムに大きな差はありませんが、カトリック式は基本的に信者の方のみが出来る挙式スタイルになっています(夫婦揃って信者か、夫婦のどちらかが信者)。

ただし、プロテスタント式の場合は信仰宗教に関係なく、誰でも気軽に教会挙式を挙げることが出来ます。

カトリックは由緒正しき本物の教会で挙げますが、プロテスタントはホテルや結婚式場の一角で挙げるので、宗派は関係ないのですね。

ちなみに、カトリックとプロテスタントの挙式スタイルでは、細かな違いがあります。

例えば、カトリックは神父様というのに対して、プロテスタントは牧師様と言います。カトリックは再婚者の挙式は基本的には許されていませんが、プロテスタントの場合はあまり関係ないと言えるでしょう。

基本的には、国内でキリスト教式を挙げているほとんどのカップルが、プロテスタントタイプです。

ですから、キリスト教を信仰していなくても、教会挙式は気軽に挙げることが出来るというわけです。

教会挙式の魅力が知りたい

神前結婚式も良いけれど、やっぱり教会挙式がいい!という方も多いでしょう。こちらの項目では、教会挙式の魅力をご紹介いたします。

魅力1. 長年の夢が叶う

白いウェディングドレスを着て、バージンロードを歩きたい」という長年の夢が、教会挙式をすることで全て叶います。

人生でも重要な結婚式ですから、頭の中に思いを巡らせているだけではなく、きちんと叶えていくことも大切です。

魅力2. シチュエーションが素敵

真っ直ぐに伸びたバージンロード、ステンドグラス、厳かな雰囲気、パイプオルガンの音、讃美歌の歌声の美しさなど、教会挙式はシチュエーションがとにかく素敵です。

新郎・新婦も清らかな気持ちで永遠の愛を誓うことが出来ますし、出席者も荘厳な気持ちで2人の門出をお祝いすることが出来ます。

とにかく教会挙式は、その場にいる人全員の気分を盛り上げてくれると、人気度が非常に高いです。

魅力3. 色々な演出が出来る

教会挙式は、色々な演出が出来るので新郎・新婦だけではなく、出席者の人も楽しむことが出来ます。

可愛らしい子供達やブライズメイドにエスコートしてもらっての入退場や、結婚指輪を出席者が新郎・新婦のもとに運び届ける演出、ゴスペルや生演奏など、色々な演出を楽しむことが出来ます。

魅力4. 幸せのブーケトス

花嫁がブーケを投げるブーケトスは、結婚式の定番です。ゲストとして受け取る側に立つことよりも、投げる側に回ってみたいとは思いませんか?

魅力5. バルーンリリース

結婚式が終わった後、ガーデンや屋外でゲスト一人ひとりがバルーンを空へ飛ばす演出があります。バルーンリリースはただの演出ではなく、「新郎新婦の愛が天まで届きますように」というロマンチックな意味が込められています。まさに、キリスト教の結婚式だからこそできることですね。

ちなみに、飛ばした風船は、天然素材でできており土に帰りますので環境破壊にはつながりません。

魅力6. フラワーシャワー

挙式を終えた後に、新郎新婦に花びらをまいてお祝いする演出です。フラワーシャワーは、花の香りで悪魔や災難から新郎新婦を守るという意味が込められています。

上記のような魅力が満載の教会挙式を、是非ご検討なさってはいかがでしょうか?

キリスト教式の全体の流れ

それでは、早速キリスト教式の全体の流れについてご紹介いたします。参考までにしっかりと確認しておきましょう。

1. 新郎・新婦の前に参列者が入場します

新郎・新婦が入場してくる前に、参列者(家族・親戚・友人など)が入場します。正面向かって、右側が新郎、左側が新婦の関係者の席となるので覚えておきましょう。

席の順番は、前に行くほどに新郎・新婦との関係性が近くなっていくようにして下さい。一番前の席が、ご両親、そして兄弟や親戚、友達の順に前から席を詰めていきましょう。

結婚式場のスタッフが案内してくれますので、誘導に従うようにして下さいね!ここで、牧師様が開式を宣言します。

2. いよいよ新郎が入場します

まずは、介添人と一緒に新郎が入場してきます。ちなみに、新郎側のサポート役であるグルームズマンが先導するということもあります。

新郎は多くの人の注目を浴びますので、ちょっと恥ずかしいかもしれませんね。

3. みんながお待ちかねの新婦の入場

新婦はブライズメイドや新婦の母に誘導されながら、新婦の父と腕を組んで清きバージンロードを歩いていきます

巣立っていく新婦、今まで大切に育ててきた娘を手放す父親・・・両方の気持ちを一歩一歩噛みしめながら歩いていくのも素敵ですね。

4. 讃美歌の斉唱

新郎・新婦が揃ったら、全員で賛美歌を歌いましょう。讃美歌を聞いていると、穏やかな気持ちになって、気持ちがスッキリするのを実感します。

また牧師様は聖書を開いて、その中に書かれている「夫婦の務め」という部分を読み上げます。

このような時間を設けることで、夫婦とはどのようなものなのかきちんと向き合うことが出来るのですね。素晴らしい時間です。

5. 牧師様が聖書朗読→祈祷

聖書には色々なお話がありますが、ここで読み上げられるのは婚姻にふさわしいものばかりです。新郎・新婦のみならず、参列者の心にも文面が、染み入ることでしょう。

その後、神様に祈りを捧げます。

6. 最重要!結婚の制約

教会挙式の流れの中で、一番大切なのが「結婚の制約」です。こちらは牧師様が、新郎・新婦に問いかけるお決まりのシーンになります。

新郎・新婦は牧師様の前に立ちます。ここからが、教会挙式の中で一番重要なシーンになります。

牧師様は「・・・いのちの限り、かたく節操を守ることを誓いますか?」と新郎と新婦のそれぞれに問います。牧師様に問いかけられたら「はい、誓います」とお決まりのセリフを言い合いましょう。

長年、教会挙式を夢見てきた花嫁にとって憧れの瞬間ですよね!

7. 記念すべき、指輪の交換

次は、愛の証である結婚指輪の交換になります。この日のために、一生懸命手作りのリングピローをお作りになった人もいるでしょう。

参列者の方々に、素敵なリングピローをお披露目するのも良いですね!

新郎から新婦へ、新婦から新郎へ手渡される結婚指輪には、「愛」という特別な意味が込められていますので、大切に扱うようにして下さい。

8. 晴れて夫婦に!結婚の宣言

結婚指輪の交換が終わったら、牧師様は新郎と新婦の手を自分の手を重ねあわせて、ご祈祷します。その後、晴れて2人が夫婦になったことが宣言されるのです!

9. 宣言の次は、結婚証書を書こう

牧師様から2人の結婚が宣言されたところで、次は結婚証書を書きましょう基本的には、新郎・新婦のサイン、牧師様のサインになります。

10. 新郎・新婦の退場

晴れて夫婦になった2人は新郎のエスコートによって、たくさんの参列者の中を退場します。家族・友人など大切な人に見送られて、挙式会場をあとにするのです。

以上、このような流れでキリスト教式は進んでいきます。本番を迎える前に、必ず挙式リハーサルがありますので、この流れを確認しておきましょう。

キリスト教式結婚式のマナー

日本人は教会に行く機会がほとんどないため、教会のマナーやルールについて知っている人は少ないのではないでしょうか。教会は、神社やお寺のように神聖な場所であるため、守らなければいけない決まりがあります。式を挙げる際には気をつけるようにしましょう。

教会はお祈りを捧げる場所

そもそもの前提として、教会は結婚式を挙げる場所ではなく信者が礼拝をする場所ということを忘れてはいけません。この意識を忘れずに、感謝の気持ちを持って結婚式に臨むようにしましょう。

肌の露出は控えめに

ゲスト側の服装は、基本的には控えめにするのが基本です。しかし、最近ではノースリーブのドレスを着てくる人も増えいるため、昔よりは気にならなくなっているようです。

写真が撮れない式場もある

教会によっては式場の専属カメラマンしか写真撮影ができない場所もあります。親友にカメラマンをやってもらいたいと思っても、当日になってできないとわかったら大変です。打ち合わせの段階で、撮影が可能かどうか確認しましょう。

バージンロードにゲストは入ってはいけない

ゲスト側の注意点ですが、バージンロードは特別な場所ですので、ゲストは入ってはいけません。ほとんどの教会はロープをつけていますが、ロープがない場合でも入っていいわけではありませんので注意が必要です。

このように教会で結婚式を挙げる時には、教会独自のマナーや決まりがありますので迷惑にならないように注意しましょう。

その他気をつけること

教会で挙式する場合、まずは会場を探すことから始めます。会場探しのポイントは、ゲストの人数に合わせて会場の大きさを調整することです。あまりにも人数が少ないのに、大きな教会を選んでしまっては、スペースがあまりすぎて少し寂しい雰囲気になってしまいます。

また、教会はチャペルと異なり、宗教活動が日頃からおこなわれている場所です。チャペルの場合は、アルバイトの牧師さんが対応しますが、教会の場合は本物の牧師さんが対応します。神聖な場所ですので、失礼のないようにしましょう。

教会で結婚式をするデメリット

教会で結婚式を挙げるメリットは多くありますが、実はデメリットも少なからずあります。あまり気にならないことではありますが、後でトラブルを避けるためにもデメリットについて知っておきましょう。

その1. 移動が大変

教会はもともとお祈りをする場所であり、パーティーや結婚式を効率よくおこなうようにはできていません。そのため、ホテルや披露宴の会場に移動しなければならず、移動に時間がかかることがデメリットとなります。特に、移動に大変なお年寄りや体が不自由な人もいると思いますので、当日の移動手段については通常の式場より気を使わなければいけません。

その2. 当日の進行や準備がたいへん

ホテルや披露宴など、結婚式を年に何回もおこなっている場所には、プランナーさんがいて当日の進行をしてくれますが、教会の場合はそうもいきません。また、控え室などの部屋数も少ないため少し不便を感じることも出てくるでしょう。そのため、事前に段取りや部屋の数、メイクルームなどの確認をしておくと当日混乱もなく進めやすくなります。

このように、教会は結婚式を挙げる場所ではなくお祈りをする場所という意味が強いため、結婚式を挙げるとなると少し不便を感じることもあります。しかし、それ以上にチャペルでは感じることができない特別な雰囲気がありますので、段取りや打ち合わせをおこなうことでデメリットをなくしてしまいましょう。

挙式の全体の流れはわかりましたか?

以上、教会で式を挙げたい人必見!「キリスト教式」の全体の流れをご紹介しました。

改めて流れを確認してみるとしなければいけない儀式がたくさんあるので、本番を迎えることが不安になってしまう人もいるでしょう。

けれども、挙式の本番前にはきちんとリハーサルがありますし、牧師様もさりげなくアシストしてくれるので何の心配もありません。

それよりも、荘厳な雰囲気とさまざまな演出が出来るところが、とても魅力的な教会挙式をぜひご検討なさってはいかがでしょうか。自分たちで抱え込まずに周りの人たちに相談してみましょう。