スタイルいろいろ家族挙式

  • 前撮り写真
  • 会費制パーティ
  • 結婚写真+食事会
  • 神社挙式
  • ハワイ挙式
わたしたちが家族と呼べる人と。家族挙式

東京・名古屋・大阪・仙台・広島・九州。
97,200円で叶う結婚式場 家族挙式はベストブライダル

お酒を飲める女性と飲めない女性では男ウケするのはどっち?


Friends taking a selfie on rooftop party

学生の頃は、教室の中や部活、アルバイト先など様々な場所に出会いがあふれていましたし、相手と同じ時間を共にする機会が多いものです。

しかし、いざ社会に出てみると、職場以外で新たな人と出会う機会がぐんと減ってしまいます。例え同じ職場でも、仕事以外の話をすることもできなかったりしますよね。

そうなると、社会人の出会いの場は自然と夜のお食事会や休日などのイベントにシフトしていきます。

特に夜のお食事会となると、お酒の席がほとんどになりますよね。そこで気になるのが、「お酒の飲める女性と飲めない女性、どちらの方が男ウケするのか」という事です。

お酒の席で出会う相手とは、その際の印象でその後再び会うかどうかが決まる、いわば一発勝負の場です。ですので、せっかくなら相手にウケる自分でありたいですよね。

とは言え、お酒が飲めるか飲めないかは体質によります。

ですので、今回はお酒の飲める女性と飲めない女性に対する男性の印象についてご紹介します。

あなたがどちらのタイプであっても、相手に良く思われるような振る舞いができるようにすると、意中の人が現れた時にも自信をもって振る舞えるでしょう。

 

お酒を飲めない女性の印象とは?

まず、お酒を飲めない女性の一般的な印象について考えてみましょう。

お酒を飲めない女性の中には、体質的にお酒を受けつけないというタイプの女性と、お酒の味が好きではないというタイプの女性がいます。

どちらにせよ、男性からしてみれば、お酒を飲めない女性は可愛らしくて、思わず守ってあげたくなるタイプの女性という印象があるようです。

つまり、「可愛い子はお酒が飲めない」というのが、彼ら男性の持論なのです。

また、男性の中には自分を優位に立たせたがる方が多いのも事実です。実は日本人の男性たちの中にもお酒に弱い方が多いのですが、それでも女性よりは飲める自分でありたいと思っています。

明らかに自分より酒豪の女性にはひるんでしまう男性も多いので、男性の性格をよくつかむまでは少しお酒の量はセーブしておいた方が良いかもしれません。

 

お酒を飲む女性は男ウケが悪いの?

一般的な男性たちの持論からすれば、お酒を飲めない子のほうが男ウケするような印象を受けてしまうでしょう。

ですが、いまや時代は草食系男子や乙女男子、スイーツ男子が猛威を振るっているような時代です。
女性の中にだって、三度のご飯より何よりもお酒が大好きだという人も山のようにいます。

それでは、それらお酒を飲む女性たちは男ウケが悪いのでしょうか?お酒を飲む女性について、世の男性たちは以下のような印象を抱いているようです。
<お酒を飲む女性は…>

  • 話が盛り上がる
  • 本音で付き合える
  • おつまみのツボを心得ている
  • 意気投合しやすい
  • 色っぽく見える

以上のような意見からすると、お酒を飲む女性に対して、男性たちが特に悪い印象を抱いていないということに気づかされるのではないでしょうか。

むしろ、一緒にお酒を飲むことを楽しめるといった、ポジティブな見解があるようです。ですから、お酒を飲む女性だからといって必ずしも男ウケが悪いという訳ではない、と言えるでしょう。

 

お酒を飲む女性が気をつけたいポイントとは?

お酒を嗜む女性に色気を感じるという男性も多いようですが、だからと言ってがばがばと、まるでザルのようにお酒を飲む女性は敬遠されてしまうでしょう。

特に男性もお酒が好きな方だと、二人で一緒にお酒が楽しめるため、お酒好きな女性が好まれる傾向にあります。
お酒の飲める女性は、男性がお酒をたくさん飲むことについてうるさく言うこともないでしょうし、デートでもおいしいお酒が楽しめるため、お酒好きな男性にとっては理想の相手ともいえます。

また、いつも強気な女性なのにお酒が入るとチラリと女らしさを垣間見せる、そのギャップがたまらないという男性もいます。

特にお堅い仕事などで毎日キッチリしている女性や、普段は性的な魅力を感じさせない女性が隙を見せたりすると、男性にとってはとても可愛らしく見えるようです。

ただし、お酒に飲まれて誰彼関係なく絡んでいくような女性には、色気どころかエレガントさを微塵も感じられず下品な女性という印象を与えてしまい、幻滅する男性もいるでしょう。

男性は自分だけに弱い姿や女らしさを見せられることにグッとくるのです。

ですから、男性と一緒にお酒を飲むときにはたしなむ程度にしておき、自分の限界を超えないぐらいにしておくことが男ウケには効果があると言えます。

そのためには、普段から自分がどれぐらい飲むとコントロールが効かなくなるのかを知っておくことが肝心ですね。

 

お酒を飲まない女性が気をつけたいポイントとは?

お酒が弱い女性は、ただそれだけで男性にとっては守りたい存在となるため、無理に飲もうとしたりする必要はありません。

お酒を飲めない女性が気を付けるべきことがあるとすれば、「自分はお酒が飲めないことを前面に出し過ぎて場を興ざめさせないこと」と「相手のお酒を否定しすぎないこと」です。

体質的にお酒を飲めない場合、無理に飲むと急性アルコール中毒になってしまうこともあるので、いくら周りに勧められても無理はしないでください。ですが、お酒の席というのはお酒を楽しむだけでなく、その場を楽しむことが主な目的です。

みんなでお酒を飲むとどうしてもテンションが上がって盛り上がってしまいます。お酒を飲まずにそのテンションについていくのは大変ですが、一人冷静でいると周りは興ざめしてしまいますので、できる限り明るく振る舞いましょう。

また、お酒が好きでたくさん飲む方に対してダメ出しなどももってのほかです。相手の好きなことを否定するのは、相手に悪印象を与えるので注意してくださいね。

 

男性の本音!彼女にするならどっち?

女友達がお酒を飲む場合にはうるさく言わないのに対して、自分の彼女や奥さんがお酒を飲むことにあまりいい顔をしない男性も中にはいるようです。

そのような男性は今時珍しい、古風で保守的なタイプの男性かも知れません。

そのような男性はもしかすると、お酒の怖さが分かっているからこそ自分の彼女や奥さんには、お酒からできるだけ遠ざかっていてほしいと願っている可能性があります。

そのため、こういったタイプの男性の本命彼女になりたいなら、お酒を飲めない女性を演じるか、お酒断ちしてしまう覚悟が求められるでしょう。

たとえ、彼女がお酒を飲むことに反対しない彼氏であったとしても、酔っ払うまでお酒を飲むことが常習化しているような彼女にはすぐに愛想が尽きてしまうかも知れませんね。

お酒が弱い女性も強い女性もそれぞれ違った魅力がありますので、上記のような強い意見を持っている男性以外のほとんどの男性にとっては、お酒を飲めるかどうかよりも、お酒の場でのあなたの振る舞いが重要なのです。

お酒が飲めても飲まれないようにする、お酒が飲めなくても場を一緒に盛り上げる、そんな姿に男性はときめくこと間違いありません。

 
いかがでしたか?

お酒を飲めない女性と飲める女性、どちらが男ウケするかについてご紹介しました。

お酒を飲める女性が飲まないようにすることは物理的には可能ですが、お酒が大好きな女性にとってはなかなか難しいですね。また、お酒が飲めない方については無理してお酒を飲むことは絶対にやめておきましょう。

男性は、どちらのタイプの女性でも正しい振る舞いをしている方に惹かれるものですので、自分の体質に合わせた飲み会での振る舞い方を身に着けるようにしてくださいね。